レーベルに進化しました。

Mastodon

この記事は約2分で読めます。

Mastodonは、分散型のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)です。2016年にEugen Rochkoによって開発され、オープンソースプラットフォームとして公開されました。

主な特徴

  1. 分散型システム
    • 中央サーバーではなく、複数の独立したサーバー(インスタンス)で構成されています。
    • ユーザーは好きなインスタンスを選んで登録できます。
  2. オープンソース:
    • ソースコードが公開されており、誰でも自由にカスタマイズや改良が可能です。
  3. プライバシー重視:
    • ユーザーデータの管理が分散化されており、大企業による一元管理を避けられます。
    • 投稿の公開範囲を細かく設定できます。
  4. 広告なし:
    • 多くのインスタンスでは広告が表示されません。
  5. クロノロジカルタイムライン:
    • 投稿が時系列順に表示されます。アルゴリズムによる表示順の操作がありません。
  6. 文字数制限:
    • 一般的に500文字程度の投稿が可能で、Twitterよりも長文の投稿ができます。

Twitterとの違い

  • 分散型システムを採用しているため、単一の企業や組織による管理・運営ではありません。
  • ユーザーや管理者がより多くの自由とコントロールを持っています。
  • インスタンス間でのコミュニケーションが可能です(フェデレーション)。

Mastodonは、プライバシーや自由な表現を重視するユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。ただし、主流のSNSと比べるとユーザー数は少ないのが現状です。