レーベルに進化しました。

シェルビングフィルター

この記事は約2分で読めます。

シェルビングフィルターは、音楽制作や音響処理において重要な役割を果たすイコライザーEQ)の一種です。その特徴と用途について詳しく説明します。

シェルビングフィルターの基本

シェルビングフィルターは、特定の周波数を境に、それより高い(または低い)全ての周波数帯域のゲインを一様に増減させるフィルターです。その名前は、周波数特性グラフが棚(シェルフ)のような形状を示すことに由来しています。

主な特徴

  1. 形状:周波数応答グラフが棚(シェルフ)のような形状を示す
  2. 種類:ローシェルフとハイシェルフの2種類がある
  3. パラメーター:通常、周波数、ゲイン、Qファクター(傾斜)を調整可能

種類と効果

ローシェルフフィルター

  • 設定した周波数以下の帯域全体のゲインを一様に増減
  • 低音域の強調や抑制に使用

ハイシェルフフィルター

  • 設定した周波数以上の帯域全体のゲインを一様に増減
  • 高音域の強調や抑制に使用

音楽制作での活用

  1. 全体的な音質調整:楽曲全体の明るさや暗さの調整
  2. 楽器のバランス調整:特定の楽器の存在感を高めたり抑えたりする
  3. マスタリング:最終段階での全体的な音質調整

メリット

  1. 自然な音質変化:急激な変化がなく、自然な音質調整が可能
  2. 広い周波数帯域への影響:効率的に広い帯域の音質を調整できる
  3. シンプルな操作:比較的少ないパラメーターで効果的な調整が可能

シェルビングフィルターは、その特性から音楽制作の様々な場面で重宝されるツールです。適切に使用することで、楽曲の音質を大きく向上させることができます。