レーベルに進化しました。

サイドチェイン

この記事は約2分で読めます。

ビートメイキングにおける「サイドチェイン」とは、特定のトラックやサウンドの音量を他のトラックやサウンドの信号に基づいて自動的に調整するオーディオプロセスのことを指します。主にダイナミクス処理に使用され、特にエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)やヒップホップなどのジャンルでよく使われます。

サイドチェインの基本的な仕組み

  1. トリガー信号: サイドチェインのトリガーとなる信号を選びます。一般的にはキックドラムが使われます。
  2. ターゲット信号: トリガー信号によって音量が調整されるトラックやサウンドを選びます。例えば、ベースラインパッド音などが対象となることが多いです。
  3. コンプレッサーの設定: サイドチェインコンプレッサーを使用して、トリガー信号が入力されたときにターゲット信号の音量を下げるように設定します。

サイドチェインの効果

  • ミックスのクリアさ: キックドラムが鳴るたびに他のサウンドの音量が下がることで、ミックス全体がクリアになり、各要素がはっきりと聞こえるようになります。
  • リズムの強調: 特にダンスミュージックでは、リズムの強調やグルーヴ感を出すためにサイドチェインが効果的です。
  • ダイナミクスのコントロール: サイドチェインを使うことで、特定のトラックのダイナミクスを細かくコントロールすることができます。

サイドチェインの設定方法

  1. DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)を開く: 使用するDAWを開きます。
  2. トリガー信号を選ぶ: キックドラムなどのトリガー信号を選びます。
  3. ターゲット信号を選ぶ: ベースラインやパッド音など、音量を調整したいトラックを選びます。
  4. コンプレッサーを挿入: ターゲット信号のトラックにコンプレッサーを挿入し、サイドチェイン入力をトリガー信号に設定します。
  5. パラメータを調整: スレッショルドレシオアタックリリースなどのパラメータを調整して、望む効果を得ます。

サイドチェインは、ミックスの質を向上させるための強力なツールです。適切に使用することで、プロフェッショナルなサウンドを実現することができます。