レーベルに進化しました。

ウェブフォント

この記事は約2分で読めます。

ウェブフォントは、ウェブサイトの閲覧者のコンピューターにインストールされていないフォントを、ウェブページ上で使用できるようにする技術です。これにより、デザイナーやウェブ開発者は、より多様で独特なタイポグラフィを実現することができます。

ウェブフォントの特徴

  1. 柔軟性:従来のシステムフォントに制限されず、多様なフォントを使用可能
  2. 一貫性:異なるデバイスや環境でも同じフォントを表示できる
  3. 軽量:最適化されたフォントファイルを使用し、ページの読み込み速度を維持

ウェブフォントの仕組み

  1. CSSの@font-face規則を使用してフォントを定義
  2. フォントファイルをサーバーにアップロードまたは外部サービスを利用
  3. ブラウザがウェブページを読み込む際に、指定されたフォントをダウンロードして表示

主なウェブフォントサービス

  • Google Fonts(無料)
  • Adobe Fonts(有料)
  • Fonts.com(有料)

注意点

  • ライセンスに注意:使用するフォントのライセンスを確認すること
  • パフォーマンスへの影響:多数のフォントを使用すると、ページの読み込み速度が低下する可能性がある

ウェブフォントを適切に使用することで、ウェブサイトのデザインの幅が広がり、ブランドアイデンティティの強化にもつながります。ただし、パフォーマンスとのバランスを考慮することが重要です。