レーベルに進化しました。

今どき音楽制作においてブルーオーシャンってある?

blue ocean ビート販売サイト
この記事は約2分で読めます。

音楽制作において「ブルーオーシャン」を見つけるのは非常に難しいかもしれませんが、それは不可能ではありません。ブルーオーシャン戦略とは、競争が少ない新しい市場を作り出す戦略のことです。音楽業界は非常に飽和していると一般的に考えられがちですが、独自のアプローチや新しいテクノロジーを活用することでブルーオーシャンを作る余地はあります。

以下は、音楽制作において検討できるいくつかのブルーオーシャン戦略のアイデアです:

  1. ジャンルの融合: 既存のジャンルに固執するのではなく、異なるジャンルや文化の要素を融合させることで新しいスタイルを作り出す。
  2. テクノロジーの活用: AI、VR、ARなどの新しいテクノロジーを音楽制作やパフォーマンスに取り入れることで、新しい体験を提供する。
  3. 社会的メッセージ: 音業界でまだ十分に探求されていない社会的なテーマ性やメッセージを取り上げること。
  4. 地域性: 地域的にまだ知られていない音楽や文化を取り入れ、それを世界に紹介する。
  5. コラボレーション: 異なる分野や業界とのコラボレーションを通じて、新しい視点やスキルセットを取り入れる。
  6. ファン参加型のプロジェクト: ファンや一般の人々が音楽制作プロセスに参加できるようなプラットフォームを作る。
  7. マルチメディア体験: 音楽だけでなく、ビジュアルアート、物語、インタラクティブ要素などを組み合わせた複合的な体験を提供する。
  8. サブスクリプションモデル: 従来のアルバムやシングル販売に代わり、サブスクリプションモデルで継続的な価値を提供する。
  9. NFT(Non-Fungible Token): デジタルアートとしての音楽を販売する新しい手法としてNFTを活用する。
  10. オンラインコミュニティ: ファンとの直接的なコミュニケーションを通じて、独自の文化や価値を築く。

注意すべきは、ブルーオーシャン戦略が成功するためには、ただ新しいことをするだけでなく、それが市場に受け入れられる必要があるという点です。したがって、戦略の策定と実行の際には市場調査とテストが不可欠です。