仮想通貨取引所の知識

Decentralized exchange(非中央集権型取引所)のすすめ

仮想通貨の最も良いところは何?」と聞かれたら、真っ先に出てくるのは「自分で自分の銀行になれる」というポイントです。

このポイントは非常にでかいです。なぜなら、価値の保存をしたくても、いままでは仕方なく国や中央銀行が整備した「法定通貨」という媒体を使う必要がありましたが、仮想通貨の登場で中央銀行の意向とは関係なく自分で自分の資産を管理することができるようになり、法定通貨を介さずに個人間で価値の交換を簡単に行うことができるようになったからです。

しかし、銀行という中央集権化されたシステムを介さなくて良くなった反面、資産の管理は全て自己責任になってしまいます。国や銀行はいかなる状況においても、あなたの仮想通貨建ての資産の補償をしてくれることはありません。

自分で自分の銀行になったら何か問題があったとしても他人のせいにすることはできないということを意味しています。元々人生で起きる全ての出来事は自分の責任と言えますが、仮想通貨デビューしたらお金に関してもその考え方が一層強化されるということになります。

元本保証の制度に慣れ過ぎている人からしてみたら、自己責任はとても怖いことだと思うかも知れませんが、本当は逆から考えてみてほしいのです。いままでは国家に頼り続けてきたから国家の言いなりになってきたけれど、今後は国家に頼らずに自分たちで自由な経済を無限に作り上げることができると考えることができれば、仮想通貨はインターネットの登場以来の大革命だということに気づけるはずです。

また、銀行がある日突然ベイルインするようなことがあったとしても、資産を仮想通貨建てで持っていればあなたは資産を守ることができるのです。

ですから、当サイトに辿り着いたからにはここは一生分の勇気を出して、仮想通貨デビューし、是非今後は自分で自分の資産を管理するようになって頂きたいと私は思っています。

仮想通貨の世界では他人の媒体に資金を長期間預けておくのはリスクでしかない

仮想通貨で自由な経済を作り上げられるとは言っても、世の中には色々な人がいますし、中には人からお金を騙し取ろうと考える人もいます、残念ながら。その思考を良いことに使えば世の中はもっと素晴らしくなるのに、なぜかそのようには考えない、もしくは考えられない人もいるのは事実です。

ということは、仮想通貨を通して自分で自分の資産を管理するようになったときに、そのような人逹が仕掛けてくるトラップにはまらないようにしなければならないということが挙げられます。

別に全てに関して懐疑的になれと言っているわけではなく、「大手の企業だから大丈夫」等と盲目的に信じることはできないですよという意味で言っています。

ある企業が何年も仮想通貨取引所として運営していて、素晴らしい実績を誇っていたとしても、ある日内部の人間が裏切ってしまい、取引所に保管してある資金を盗んでしまったら、取引所としてはいままで作り上げてきた信頼が一気に失われてしまうのです。こればっかりは100%の確率で避けるということはできません。人間を信用すること自体にカウンターパーティ・リスクが存在するからです。

ですから、仮想通貨の世界では「特定の人間が管理している媒体」を長時間利用し続けるようなことはやめた方が良いのです。短期的にはサービスを利用したとしても、長期的には自分がプライベートキーを持つウォレットに移動させておくことを癖にしておくのが大切です。

これは有名な話ですが、2014年にMt. Goxというビットコイン取引所が顧客のビットコインを持ったまま蒸発してしまった事件がありました。これは大手の取引所を盲目的に信用してしまった人達が被害に遭った例として挙げられます。あとからどんなにMt. Goxのことを責めたとしても、ビットコインが戻ってくるわけではないので、最終的にはMt. Goxに資金を預けた自分が悪いということになってしまうのです。先ほどから何度も言っているように、仮想通貨の世界では国や銀行は一切助けてくれることはないからです。

非中央集権型取引所(分散型取引所)なら資金を盗めない

仮想通貨の世界では「人間のことを信用しなくても成り立つ、中央集権化されていないシステムを採用している取引所」を使うことを強くおすすめします。このような非中央集権型取引所を「decentralized exchange(ディーセントラライズド・エクスチェーンジ」と言います。

Decentralized exchangeでは「運営元」に資金を預けるようなことはしません。そもそもdecentralized exchangeは特定の人間が運営しているのではなく、DAC(分散自立型組織)だからです。

資金の残高、取引履歴、コラテラル等の全ての情報はブロックチェーンと呼ばれる公開帳簿に書き込まれるので、人間が介入してデータを改変したり破壊したりすることができないので、資金が人間の手により盗まれてしまうことを心配する必要がないのです。

ブロックチェーンを採用することでデータ自体が分散されているので、悪意を持った人間がいたとしてもデータを破壊することができないのです。したがって、decentralized exchangeを利用すれば安心してトレードに専念することができるのです。今後仮想通貨を世界に浸透させていくにはdecentralized exchangeの存在は必要不可欠と言えるでしょう。

ビットコインブロックチェーンを採用していますが、プロトコル(設計)にdecentralized exchangeが組み込まれていないので、個人間で資金の送受信はできますが、分散型取引所は存在しません。つまり、ビットコインではお金を送受信することはできても、そのままではトレードはできないのです。トレードしたいのなら、既存の中央集権型取引所ビットコインを送らないといけないので、カウンターパーティ・リスクが伴います。

おすすめのDecentralized Exchangeは「BitShares」

そこで、私はアルトコインの中でもいち早くdecentralized exchangeをリリースした「BitShares」という仮想通貨プラットフォームに注目しています。BitShares仮想通貨であり、同時にプロトコル(設計)にdecentralized exchangeが組み込まれているので、ウォレットdecentralized exchangeが一つのパッケージとなっているのです。

つまり、BitSharesではウォレットに資金を入れたまま、プライベートキーを自分で保持したまま、トレードをすることができるのです。BitSharesは現在稼働しているdecentralized exchangeの中では最も堅牢な部類に入り、当サイトでも強くプッシュしています。

関連記事:BitShares(Openledger)の始め方

まとめ

一日でも早く、一人でも多くのユーザーがBitSharesdecentralized exchangeを使うようになれば、仮想通貨の世界において詐欺が減っていき、仮想通貨に関する悪いイメージを払拭することに繋がっていくと思います。また、プラットフォームの利用者が増えることで取引所の流動性が上がっていくので、より効率的なトレードを行うことができるようになります。

仮想通貨の世界ではくれぐれも第三者を信用しないといけないようなシステムは長期間利用しないようにしましょう。

P.S.
ビットコインFiat Currency法定通貨)の通貨ペアを取り扱っている取引所はどうしても中央集権型取引所なので、預け入れた資金が盗まれても文句ないレベルの金額にとどめておきましょう。