仮想通貨取引所の知識

非中央集権型取引所のすすめ

仮想通貨の最も良いところは何?」と聞かれたら、真っ先に出てくる答えは「自分で自分の銀行になれる」というところです。

これは非常に大きいです。なぜなら、仮想通貨の登場以来、買い手と売り手が直接やり取りできるようになったため、既存のインフラ(銀行など)を利用したくない人は利用しなくても良くなったからです。

今までは国家や中央銀行が作ったインフラに頼り続けてきましたが、今後は国家に頼らずに自分たちで自由な経済を作り上げていくことができると考えれば、仮想通貨はインターネットの登場以来の大革命だということに気づくはずです。

資産を仮想通貨で持っていれば、銀行がある日突然ベイルインするようなことがあったとしても、あなたは自分自身の資産を守ることができるのです。

仮想通貨の世界では非中央集権型取引所を利用すべし

仮想通貨で自由な経済を作り上げられるとは言っても、世の中には色々な人がいますし、中には人からお金を騙し取ろうと考える人もいます、残念ながら。

つまり、仮想通貨の世界では仮想通貨建ての資産を「他人に預ける」という行為はなるべくしてはならないということを意味しています。全てに対して懐疑的になれと言っているわけではありませんが、「大手の企業だから仮想通貨を預けていても大丈夫」と盲目的に信じるようなことをしてはいけないということです。

有名な話ですが、2014年にMt. Goxというビットコイン取引所が顧客のビットコインを持ったまま蒸発してしまった事件がありました。これは大手の取引所を盲目的に信用してしまった人達が被害に遭った例として挙げられます。

ですから、ビットコインなどの仮想通貨を手に入れたら他人に預けるのではなく、あなた自身がプライベートキーを持つウォレットで持つことを強く推奨します。

「でも、仮想通貨をずっとウォレットに入れっぱなしにしておいたら、いつになっても他の資産と交換できないじゃん」と思うかも知れません。

大丈夫です。これには解決策があります。

どうすれば良いかというと、Openledgerに無料でアカウント開設して、BitSharesを利用するようにしましょう。

確かに法定通貨からビットコインを手に入れる最初のステップではどうしても中央集権型取引所を通す必要がありますが、一旦ビットコインを手に入れたら、すぐさまビットコインBitSharesに送るようにしましょう。

なぜBitSharesビットコインを送るべきかというと、BitShares仮想通貨のウェブウォレットでありながら、非中央集権型取引所だからです。

BitSharesではウォレットプライベートキーを持つことができるため、BitSharesを利用している限り取引所がGoxしてしまうことを心配する必要はなくなります。ウォレットのバックアップを定期的に取り続けていれば良いのです。

BitSharesのすごいところはウォレット仮想通貨を入れたままトレードができるところにあります。

ビットコインビットコインウォレットに入れておいた場合、他の資産に変えたくなったらどうしてもリスクの伴う中央集権型取引所ビットコインを送る必要がありますが、BitSharesではその必要はありません。BitSharesではウォレットビットコインを入れたままBitUSD/OPEN.BTC市場などでビットコインを他の資産(この場合はBitUSD)に交換することができるのです。

つまり、「中央集権型取引所仮想通貨を送る」という作業を省くことができるため、より安全に資金を管理できるということです。

非中央集権型取引所ではあなたの仮想通貨の残高、取引履歴等、全ての情報はブロックチェーンに書き込まれ、それらのデータは分散されているので、悪意を持った人間がいたとしてもデータを改ざんすることができないのです。

まとめ

仮想通貨デビューしたら、BitSharesで取引するようにしましょう。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-仮想通貨取引所の知識