いつの間にか不自由の国になってしまったアメリカ

ファーウェイシャットアウトについて思ったこと。

これからは法人から個人ではなく、個人から個人の時代

仮想通貨が登場してから、法定通貨を使わない独自の経済圏はどうすれば作れるか考えてきた。

まだ、色々と構想中ではあるが、一つ分かったことがある。

それは既存の「法人」という形態では上手くいかないということだ。

法人とはそもそも「国」のルールに準拠しなければならない時点でパラダイムシフトには向いていない。

色々な規制の対象になるし、法定通貨から出ることができない。

それに、法人から個人に価値提供するという既存の考え方のままではこの変化は起こせない。

なぜなら法人は「利益至上主義」だからだ。

どういうことか説明する。

例えばだけれど、パン屋さんを想像して欲しい。パン屋さんはパンを日々売っている。

でも1日の終わりに売れ残ってしまった分は密かに捨てているよね。

例えば1日の終わりに売れ残ったパンをゴミ捨て場に捨てに行ったら、乞食がそこにいて、

「どうせそのパンを捨てるのなら、そのパンを恵んでくれませんか?」と言う。

でも、パン屋さんはこう言う。

パン屋「今日だけは良いけど、今後はもう来ないでもらいたい。なぜならここに来たらパンを無料でもらえるとあなたに思われたら困りますから。」

乞食「なぜ?そのパンはどうせ捨てるのでしょう?なら良いではないですか。パンの1つや2つくらい。誰にも言いませんから。」

パン屋「ダメなんです。パンを無料であなたにあげ始めたら、私のパンにちゃんと代金を支払って買ってくれる人にとって不公平ですし、

それにあなたにパンを無料であげ始めたら、私自身言ってることとやってることに矛盾が生じて、それに対して罪悪感が芽生えてしまい、私がそもそもパン屋をビジネスとしてやっている意味が自分でも分からなくなってしまうからです。」

実際こんな感じになるのです。

どうせ捨てているものがあったとしても、それを無料で配布し出したら自己矛盾が生じて、ビジネスに影響が出てしまう。

だから矛盾しないように自分を律するようになり、例外を認められなくなり、凝り固まる。

これが法人というか、利益至上主義の弱点なのだよ。

例外に一切適応できなくなる。

だから、独自の経済圏を作るなら、そういうしがらみのない、「個人対個人」がメインで展開されるようになるんだなと。

法人にしちゃうと、既存のマネーシステムや既存の法律や利益至上主義から抜け出せない。

意味が分かるかな?

だから将来「法定通貨を使わない独自の経済圏」が作られるとしたら、

それは法人から個人という流れではなく、個人から個人に物事が流れるという仕組みになるのだよ。

分かる?

じゃ法人格が完全にダメなのかというと、そういう意味ではない。

私が言ってるのは、「国」に認められた形の法人(株式会社とかLLCとか)での形態じゃ無理って言ってるんだよ。

本当に必要なのは雲の上の法人格。

つまり、国に縛られない法人格。

利益至上主義を超越した何か。

それってなんだろうね。

「クリプトカンパニー」?

「クラウドカンパニー」?

そんな感じの法人格がいつかできるのかもね。

どうだろ。

いずれにしても、国に縛られない形での変化がやってくるのだろうね。

どんなに今が大変でも、パラダイムは必ずシフトする

Legends of Tomorrowという海外テレビドラマがある。

この中のSeason 3のとあるエピソードでは「常温核融合」がドイツの科学者によって1962年に開発されたけれども、

その科学者が石油ビジネスの人達に殺されてしまい、常温核融合が開発されたこと自体が闇に葬られてしまったという話がある。

なぜその科学者が殺されたかというと、常温核融合が開発されたことが世間に知れ渡ったら石油ビジネスは大打撃を受けて、パラダイムがシフトして古いシステムが廃れてしまうからだ。

つまり、石油の利害関係者達は自分達の利権を守るために新しい技術を殺してしまったのだ。

この常温核融合の話、あながち嘘ではないと思う。

本当は常温核融合は昔に開発されたけれど、闇に葬られてしまった可能性が高い。

というか、これだけではない。

利権を守るために新しい技術を殺してしまうということは実際たくさん起きている。(STAP細胞とかもそうだよね)

でも、どんなに新しい技術を殺しても、最終的には変わらないものはない。

というか、時間とともに民度が上がるから変わらざるを得ない。

どんなに葬っても、いつか誰かが世界のどこかで常温核融合の開発をやってのける。

そして、今回は前回と違って、民衆のレベルが上がっているため、闇に葬られることはない。

宇宙開発でもそうだ。

NASAだって、自分達しか宇宙に行くパワーがなかった時代では、月の裏側に何があるか等に関しては口を閉ざしていたが、

世界全体の宇宙開発技術が発達していくことで、結局はNASAがどんなに隠しても、他の誰かが真相を暴きに行くことになる。

世界の底辺がどんどん上に上がってきていて、何事ももう隠しきれる状態ではなくなったのだ。

それは仮想通貨界隈でも当然起きている。

今は既存の国を治める人達は「法定通貨」のシステムを守ろうと必死だ。

だから今は混沌の時だ。

色々意味の分からないペナルティを課したり、規制が作られたりしている。

でも、心の底から変化を望めば、リスクをおかしてでも変化を起こしたいと思える日が来る。

言いたいことは言う。やりたいことはやる。そして、渡る。

すると、パラダイムは必ずシフトする。

だから恐れてはならない。

古いシステムをいくら守ろうと思っても、無理なのだ。

結局は利権を守るというエゴはずっと保てることではない。

これは宇宙の摂理だ。

リスクを負うと決めたら、ブレイクスルーが起きる。

だから、恐れるな。立ち上がれ。

アメリカは仮想通貨後進国

アメリカは本当に仮想通貨ファンにとっては住みにくい国だよね。

今まで世界を牽引してきたアメリカ、ここにきて自分で自分の首を締めてるよ。

いつまでもナンバーワンではいられなくなったのかな?

自分たちが敷いた規制のシステムで自分達の伸びを阻害してることに気づかないのかな?

Binance DEXはDEXではない。

本当のDEXならブロックするとか、しないとか、そういう訳の分からない人間の介入はできないから。

まぁ、アメリカは面倒臭くて関わりたくない気持ちは分かるけれど、特定の国を締め出せる時点で中央集権型取引所だから。

Tether社がついに1 USDTが1 USDに1対1でバッキングされていないことを認めた。

当サイトではUSDTの記事を意外と結構たくさん取り上げていたらしく、読者はUSDTの記事に群がったりしています。

でも、ここで言っておきますが、私はUSDTを推進しているわけではありません。

USDTはそもそも中央集権的な仮想通貨なので、短期的には大丈夫でも長期的には保有したくない通貨だと私は思っています。

特にUSDTは最近「スタンスを変えました」から、なおさらです。

以下はTether.ioのスクリーンショットです。

元来、USD Tetherは1USDTに対して1USDを物理的にリザーブしているからUSDTには価値の担保がありました。

Proof of Reserveを推していたくらいですから。

でも現在は上記の画像のように、”which include traditional currency and cash equivalents and, from time to time, may include other assets and receivables from loans made by Tether to third parties, which may include affiliated entities (collectively, “reserves”)”とちゃっかり資産のリザーブ方法に変更が加えられていますから、

1USDTに対して1USD「相当のリザーブ」を持っていたとしても、1USDTが1USDそのものにはもはやバッキングされていないということを認めたことになります。

USD以外の資産で持っていれば、その資産の価値が何らかの理由で目減りすれば部分準備(fractional reserve)に陥る可能性があるということ。

部分準備に陥った後、取り付け騒ぎのように、人々が一斉に換金に走ったとしたら支払い不能になるということです。

支払い不能であることが人々にバレたら、ドルペッグが一気に崩れ去るという事態になってしまいます。

つまりはUSDTは現在法定通貨と同じように、(担保が実はない、または足りなくても)信用だけで成り立っている不換通貨のように変貌する可能性がある、つまり裏では危ない綱渡りをしているということになります。

ですから、USDTが現在どれだけ人気が高かろうと、保有することに関してはリスクが存在するということを覚えておきましょう。