レーベルに進化しました。

どれくらいの人がビートメイキングを継続できる?

lake 7377942 1280 ビートメイカーのマインドセット
この記事は約10分で読めます。

ビートメイキングを始める人は多いですが、長期的に継続できる人は少ないのが現状です。しかし、ビートメイキングを続けることには多くのメリットがあります。

ビートメイキングを続けることのメリット5つ

1. アクセス、収益が増える

継続的にビートを制作・公開することで、徐々にアクセス数が増加し、収益化のチャンスも広がります。アクセス数の増加は、あなたの作品が多くの人に認知され、評価されていることを示しています。これにより、ビートの販売やライセンス提供の機会が増え、収益化につながります。また、アクセス数の増加は、あなたのブランド価値を高め、将来的にはより大きな収益源となる可能性があります。

2. リサーチ力が身に付く

ビートメイキングを続ける中で、音楽のトレンドや技術的な情報を常にリサーチする習慣が身につきます。音楽業界は常に変化し、新しいジャンルやスタイルが生まれています。これらのトレンドを把握し、自分の作品に取り入れることで、時代に合ったビートを制作できます。また、ビートメイキングに関する技術的な情報をリサーチすることで、新しいテクニックやツールを習得し、作品のクオリティを向上させることができます。

3. ビートメイキング力が向上する

継続的な制作を通して、ビートメイキングのスキルが向上し、よりクオリティの高い作品を生み出せるようになります。ビートメイキングは、音楽理論、音響工学、クリエイティビティなど、多岐にわたるスキルが必要とされます。これらのスキルは、実際に作品を制作する過程で磨かれていきます。継続的に制作を行うことで、自分の強みと弱点を理解し、改善点を見出すことができます。また、新しいテクニックやツールを試すことで、表現の幅が広がり、よりオリジナリティのある作品を生み出せるようになります。

4. ビートメイキングを通して交流が持てる

SNSなどを通じて、他のビートメイカーとの交流が生まれ、情報交換や協力関係を築くことができます。ビートメイキングは、一人で行う作業ですが、他のビートメイカーとつながることで、刺激を受けたり、アドバイスをもらったりすることができます。SNSでは、自分の作品を公開し、フィードバックを得ることができます。また、他のビートメイカーの作品を聴くことで、新しいアイデアやテクニックを学ぶことができます。さらに、コラボレーションを通じて、新しい作品を生み出したり、お互いのスキルを高め合ったりすることも可能です。

5. アウトプットすることで学習が進む

制作した作品を公開することで、フィードバックを得られ、自分の強みと弱点を理解し、学習を深められます。作品を公開することは、自分の成長にとって非常に重要です。リスナーからのフィードバックを通じて、自分の作品の良い点と改善点を知ることができます。また、他のビートメイカーからのアドバイスは、新しい視点や技術を学ぶ機会となります。フィードバックを受け止め、改善点を見出すことで、自分の作品のクオリティを向上させることができます。さらに、作品を公開し続けることで、自分の成長過程を振り返ることができ、学習の効果を実感できます。

ビートメイキングが続かない8つの原因と対処法

1. 目標を設定していないから

明確な目標を設定し、達成に向けて計画的に取り組むことが大切です。目標を設定することで、自分のビートメイキングの方向性が明確になり、モチベーションを維持しやすくなります。短期的な目標と長期的な目標を設定し、それぞれの目標に向けて必要な行動を計画しましょう。目標は具体的で測定可能なものにすることが重要です。例えば、「1ヶ月で5つのビートを制作する」といった具体的な目標を立てることで、進捗状況を把握しやすくなります。また、目標達成までの過程を小さなステップに分割することで、達成感を得ながら着実に前進できます。

2. ネタがなくなったから

常に新しい音源やテクニックを探求し、インスピレーションを得る習慣を身につけましょう。ビートメイキングを続けていると、ネタ切れに悩むことがあります。そんな時は、新しい音源やテクニックを探求することで、インスピレーションを得ることができます。音楽を聴くことは、新しいアイデアを得るための重要な方法です。様々なジャンルの音楽を聴き、そこから得たインスピレーションを自分の作品に取り入れてみましょう。また、ビートメイキングに関する書籍や動画を参考にすることで、新しいテクニックを学ぶことができます。さらに、日常生活の中でも、自然の音や街の雑踏など、様々な音に耳を傾けることで、新しいアイデアが生まれるかもしれません。

3. ビートメイキングの時間が取れないから

優先順位を見直し、ビートメイキングのための時間を確保するよう心がけましょう。日常生活の中で、ビートメイキングの時間を確保することは容易ではありません。仕事や学業、家事などに追われ、なかなか時間が取れないことがあります。そんな時は、優先順位を見直し、ビートメイキングのための時間を確保するよう心がけましょう。まずは、1日のスケジュールを見直し、ビートメイキングに充てられる時間を探します。例えば、通勤時間や休憩時間を活用するのも一つの方法です。また、ビートメイキングを習慣化することで、自然と時間を確保しやすくなります。毎日決まった時間にビートメイキングを行うことで、生活リズムの一部として定着させることができます。

4. ほかのビートメイカーと比較してしまうから

自分のペースで成長することに集中し、他人との比較は控えめにしましょう。ビートメイキングを続けていると、他のビートメイカーの作品を聴いて、自分の作品と比較してしまうことがあります。特に、経験豊富なビートメイカーの作品と比べると、自分の作品が劣っているように感じてしまうかもしれません。しかし、他人との比較に囚われすぎると、自分の成長を阻害してしまいます。大切なのは、自分のペースで成長することです。他人の作品から学ぶことは大切ですが、あくまでも参考にするにとどめ、自分の個性を大切にしましょう。自分の強みを活かし、弱点を改善していくことで、着実に成長することができます。

5. 収益があがらないから

収益化は長期的な目標と捉え、まずは自分の作品の質を高めることに注力しましょう。ビートメイキングを始めたばかりの頃は、なかなか収益が上がらないことがあります。しかし、収益化は長期的な目標と捉え、焦らずに取り組むことが大切です。まずは、自分の作品の質を高めることに注力しましょう。高品質な作品を制作することで、リスナーからの評価が高まり、徐々に収益化のチャンスが広がります。また、SNSでの情報発信や、他のビートメイカーとのコラボレーションなどを通じて、認知度を高めることも重要です。自分のブランド価値を高めることで、将来的な収益化につなげることができます。

6. アクセス数が少ないから

SNSでの情報発信や、他のビートメイカーとのコラボレーションなどを通じて、認知度を高めていきましょう。ビートメイキングを始めたばかりの頃は、アクセス数が少ないことがあります。しかし、アクセス数を増やすためには、積極的な情報発信が必要です。SNSを活用して、自分の作品を公開し、リスナーとのコミュニケーションを図りましょう。また、他のビートメイカーとのコラボレーションを通じて、互いのリスナーを共有することで、認知度を高めることができます。さらに、ビートメイキングに関するブログやYouTubeチャンネルを開設することで、自分の知識や経験を共有し、リスナーとの関係性を深めることができます。地道な情報発信を続けることで、徐々にアクセス数が増加していきます。

7. 簡単にやめられるから

ビートメイキングを習慣化し、日々の生活の一部として定着させることが重要です。ビートメイキングを始めたばかりの頃は、挫折しそうになることがあります。特に、思うような成果が出ない時は、簡単にやめてしまいたくなるかもしれません。しかし、ビートメイキングを習慣化し、日々の生活の一部として定着させることで、挫折を防ぐことができます。毎日決まった時間にビートメイキングを行うことで、自然と継続することができます。また、小さな目標を設定し、達成感を得ながら前進することも大切です。さらに、他のビートメイカーとつながることで、モチベーションを維持することができます。仲間と切磋琢磨し合うことで、お互いに高め合うことができます。

8. なかなか作る気になれないから

インスピレーションを得るための環境作りや、小さな目標を設定するなど、モチベーションを維持する工夫をしましょう。ビートメイキングを続けていると、なかなか作る気になれない時があります。そんな時は、インスピレーションを得るための環境作りが大切です。自分が集中できる場所で作業することで、アイデアが浮かびやすくなります。また、好きな音楽を聴いたり、自然の中で過ごしたりすることで、新しいアイデアが生まれるかもしれません。さらに、小さな目標を設定することで、モチベーションを維持することができます。例えば、「今日は1つのドラムパターンを作る」といった小さな目標を立てることで、達成感を得ながら前進できます。また、他のビートメイカーの作品を参考にすることで、新しいアイデアを得ることができます。ただし、他人の作品をコピーするのではなく、あくまでも参考にするにとどめましょう。

「ビートメイキングが続かない」を解決する習慣化の方法3つ

1. 逆説プランニング

最終目標から逆算して、達成までの道筋を明確にすることで、モチベーションを維持しやすくなります。逆説プランニングは、最終目標を設定し、そこから逆算して必要な行動を洗い出していく方法です。まずは、自分が目指すべき最終目標を明確にしましょう。例えば、「1年後にビートメイキングで月収10万円を達成する」といった具体的な目標を設定します。次に、その目標を達成するために必要な行動を逆算していきます。月収10万円を達成するためには、どれくらいの作品を制作・販売する必要があるのか、そのためにはどれくらいの時間を確保する必要があるのかなど、具体的な行動を洗い出していきます。さらに、それらの行動を実行するために必要なスキルや知識を明確にし、習得するための計画を立てましょう。このように、最終目標から逆算して行動を計画することで、目標達成までの道筋が明確になり、モチベーションを維持しやすくなります。

2. 習慣レバレッジ

既存の習慣に新しい習慣を組み込むことで、ビートメイキングを無理なく日常に取り入れられます。習慣レバレッジは、既存の習慣を活用して新しい習慣を定着させる方法です。例えば、毎朝コーヒーを飲む習慣がある場合、その習慣にビートメイキングを組み込むことができます。コーヒーを飲みながら、30分間ビートメイキングを行うことを習慣化するのです。既存の習慣に新しい習慣を組み込むことで、無理なく新しい習慣を定着させることができます。また、既存の習慣と新しい習慣を関連付けることで、習慣化のハードルを下げることができます。例えば、ジムに通う習慣がある場合、ジムに行く前後にビートメイキングを行うことを習慣化するのです。このように、既存の習慣を活用することで、新しい習慣を無理なく日常に取り入れることができます。

3. 行動デザインシート

目標達成のための行動を具体的に設計し、実行・評価・改善のサイクルを回すことで、習慣化を促進できます。行動デザインシートは、目標達成のための行動を具体的に設計し、実行・評価・改善のサイクルを回す方法です。まずは、目標達成のために必要な行動を洗い出し、優先順位をつけましょう。次に、それらの行動を実行するためのトリガーを設定します。トリガーとは、行動を開始するきっかけとなる出来事やタイミングのことです。例えば、「朝食後に30分間ビートメイキングを行う」といったように、具体的なトリガーを設定することで、行動を開始しやすくなります。また、行動を実行した後は、その結果を評価し、改善点を洗い出しましょう。評価の際は、客観的なデータを活用することが重要です。例えば、「今週は3日間ビートメイキングを行った」といった具体的なデータを記録することで、習慣化の進捗状況を把握することができます。さらに、改善点を洗い出し、次の行動に反映させることで、習慣化のサイクルを回していくことができます。このように、行動デザインシートを活用することで、目標達成のための行動を具体的に設計し、実行・評価・改善のサイクルを回すことができます。これにより、習慣化を促進し、目標達成に近づくことができるのです。

以上の3つの方法を組み合わせることで、ビートメイキングを習慣化し、継続的に行うことができます。逆説プランニングで目標達成までの道筋を明確にし、習慣レバレッジで無理なく日常に取り入れ、行動デザインシートで実行・評価・改善のサイクルを回すことで、ビートメイキングを継続的に行うことができるようになります。ただし、これらの方法はあくまでも一例であり、自分に合った方法を見つけることが重要です。trial and errorを繰り返しながら、自分に合った習慣化の方法を見つけていきましょう。

ビートメイキング運営は長く続けるのがおすすめ

ビートメイキングを長期的に継続することで、スキルの向上、収益化、人脈の拡大など、多くのメリットを享受できます。途中で挫折せずに続けるためには、明確な目標設定、習慣化、モチベーションの維持が鍵となります。

まとめ

ビートメイキングを始める人は多いですが、長く続ける人は少ないのが現状です。しかし、ビートメイキングを継続することには多くのメリットがあります。途中で挫折せずに続けるためには、目標設定、習慣化、モチベーションの維持が重要です。逆説プランニング、習慣レバレッジ、行動デザインシートなどの方法を活用し、長期的にビートメイキングを続けることで、スキルアップと収益化を実現しましょう。