YouTube Content ID

トラックのマーケティング

音楽が無断でコンテンツID等で著作権登録されてしまった場合の対処方法

あなたが配布した音源が配信アグリゲーター(TuneCore等)を通して勝手に使われ、コンテンツID等で著作権登録されてしまった場合、配信アグリゲーターに直接連絡を取れば良い。 そもそもYouTube Content IDやFaceb...
トラックのマーケティング

コンテンツIDに付き合うのはもうやめにする

一つの大企業が作った「コンテンツID」というおバカなAIのためにどれだけの人が迷惑しているか、知ってほしいです。 今もYouTubeは利益を追求するためにおバカなAIの運用を続けているけれど、 私としては「イチ企業」の利益追求...
トラックのマーケティング

BeatStars Distributionって最近すごく変。

BeatStars Distributionでリリースすると、 SoundCloudに作品が自動で出るんだけど、 前の作品は全部Not available in Japanになっていたんだけど、 最近のやつはNot avail...
トラックのマーケティング

BeatStarsのBeat ID

Beat IDというサービスが始まりました。 曲をアップロードすることで、SNSの中で自分の曲がどこで使われているかを検索できるサービスです。 サービス開始当初は25+サービスで検索されるようです。 Where does Be...
ビート販売サイト

独占販売したトラックをContents IDで収益化できますか?

独占販売したトラックをContents IDで収益化できるかについて書きます。 結論から言いますと、「やめた方が良いです」。 なぜなら収益化するためには、あなたが提出する音楽に対して独占的権利を所有している必要があるからです。 ...
トラックのマーケティング

ループ等を販売している場合、YouTube Contents IDに入れるのはおすすめしない

ドラムキットを販売している場合等は良いのですが、 自分のトラックのドラムや上ネタだけを抜き出して、ループを作って、そのループを顧客に販売している場合は、それらのループをYouTube Contents IDに入れることはおすすめしま...
トラックのマーケティング

BeatStars Distribution始めてみました。

最近はですね、 BeatStars Distributionを使い倒し始めました。 今までアグリゲーターとしてRouteNoteを使っていましたが、 最近はBeatStars Distribution使ってます。 Beat...
ビート販売サイト

最も簡単にYouTube Contents IDにトラックを登録する方法

今回は私が試した中で最も簡単にYouTube Contents IDにトラックを登録する方法を教えます。 結論から言うと、 Airbitという海外のトラック販売サイトサービスを利用することです。 メリットは、TuneCo...
ビート販売サイト

フリートラック戦略は一長一短

今日はフリートラック戦略は一長一短だよというお話をしていきます。
ビート販売サイト

販売するトラックをあらかじめYouTube Content IDに登録しておくべきか?

今日は販売するトラックをあらかじめYouTube Content IDに登録しておくべきかどうかについて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました