レーベルに進化しました。

MIDI

avatar ビート販売サイト

AIで音楽を作る時代が本格的に始まりました:ビート販売ビジネスにおけるステムとMIDIエクスポートの重要性

近年、AI技術の進化により、音楽制作のプロセスが大きく変わりつつあります。AIを活用することで、従来の手法では考えられなかったスピードと効率で楽曲を制作することが可能になりました。特にビート制作においては、AIが生成するビートのクオリティが...
avatar AI音楽

AIが作った曲を編曲したい。どうすれば良い?

AIが作成した曲をアレンジしたい場合は、以下の手順が役立ちます。 AIが生成した曲を入手する:AIが生成した曲を、作業可能な形式で入手します。これはMIDIファイル、オーディオファイル(WAV、MP3など)、または譜面ファイル(MusicX...
avatar 音楽日記

Ableton Liveのチューニングシステムに関するFAQ

Ableton Liveのチューニングシステムを使用すると、12平均律以外の音律で作業できます。チューニングは、ほとんどのLiveデバイスとMPE対応のプラグインで機能します。 Liveでは、ヘルプ > 内蔵レッスン > Liveの新機能 ...
avatar 音楽日記

Ableton Live 12においてチューニングシステムの使用について

デフォルトでは、Liveは12TETチューニングを使用します。これは、音程が1オクターブあたり12等分に均等に分割されることを意味します。しかし、音程を1オクターブまたは疑似オクターブ(異なる間隔を使用)に分布させる方法は数多くあり、チュー...
avatar 音楽日記

Ableton Live 12でスケールに属する音以外を鳴らさないようにするにはどうすれば良いの?

Ableton Live 12では、MIDIクリップ内のノートをスケールに合わせて制限する方法がいくつかあります。
avatar 音楽日記

Ableton Live 12 ではTuning Systemが使えるようになったけれど、これはAbleton Live 12の中にあるインストゥメントしか使えないのか、それとも外部のVSTiも使えるのか?

avatar ビートメイキング

ヒップホップビートにおいて、ドラムの打ち込み方

本記事では、ヒップホップビートにおいてドラムを打ち込む方法について解説します。
avatar ビートメイキング

ヒップホップビート制作のためのデジタルオーディオ基本知識

ヒップホップのビートメイキングでは、切れ味の良いサンプルとパンチの効いたドラムが鍵となります。このため、デジタルオーディオファイルの選択と処理が非常に重要です。デジタルオーディオファイルは、音の情報をデジタル形式で格納したファイルで、ビート...
avatar 音楽日記

ビートメイキングにおいてMIDI 2.0への対応は大切ですか?

ビートメイキングにおいてMIDI 2.0への対応は、現在のワークフローや将来の展望によって重要度が変わってきます。
avatar ビートメイキング

ビートメイキングにおけるクオンタイズ:使う?使わない?

ビートメイキングにおいて、クオンタイズは非常に重要な機能です。しかし、その使い方については、常に議論が絶えません。今回は、「ビートメイキングにおいてクオンタイズするかしないか」というテーマについて、メリットとデメリットを比較しながら考察して...