レーベルに進化しました。

エンベロープ

この記事は約2分で読めます。

エンベロープは、音楽制作や音響工学において非常に重要な概念です。音の時間的な変化を制御するパラメータのことを指します。主に以下の要素で構成されています:

エンベロープの主要な構成要素

  1. アタック(Attack)
  2. ディケイ(Decay)
  3. サステイン(Sustain)
  4. リリース(Release)

これらの頭文字を取って、ADSRエンベロープとも呼ばれます。

各要素の詳細

1. アタック(Attack)

音が始まってから最大音量に達するまでの時間を指します。

  • 短いアタック:ドラムやピアノなど、瞬間的に音が立ち上がる楽器
  • 長いアタック:バイオリンやシンセサイザーパッド音など、徐々に音量が上がる音

2. ディケイ(Decay)

最大音量に達した後、サステインレベルまで減衰する時間です。

3. サステイン(Sustain)

キーを押し続けている間、維持される音量レベルを指します。

  • 高いサステイン:オルガンのような持続音
  • 低いサステイン:ピアノのような減衰音

4. リリース(Release)

キーを離した後、音が完全に消えるまでの時間です。

エンベロープの活用

エンベロープは以下のような場面で活用されます:

適切なエンベロープ設定により、音の特性を大きく変えることができ、より表現力豊かな音楽制作が可能になります。