レーベルに進化しました。

オートフィルター

この記事は約2分で読めます。

オートフィルターは、音楽制作やサウンドデザインで使用される重要なエフェクトの一つです。以下にオートフィルターについて詳しく説明します。

オートフィルターとは

オートフィルターは、フィルターの周波数や共振(レゾナンス)などのパラメーターを自動的に変調させるエフェクトです。通常のフィルターが静的であるのに対し、オートフィルターは動的で、時間とともに変化する音色を作り出します。

主な特徴

  1. 自動変調:フィルターのカットオフ周波数が自動的に上下に変化します。
  2. LFO(低周波発振器)制御:多くの場合、LFOによってフィルターのパラメーターが制御されます。
  3. エンベロープ制御:音の振幅エンベロープに連動してフィルターが変化することもあります。

用途

オートフィルターは以下のような用途で使用されます:

  1. ダンスミュージックでのスイープ効果
  2. シンセサイザーサウンドの動的な変化
  3. ベース音の変調
  4. 音響効果の作成

パラメーター

一般的なオートフィルターには以下のようなパラメーターがあります:

  1. カットオフ周波数
  2. レゾナンス(Q)
  3. LFOレート(変調速度)
  4. LFO深さ(変調の強さ)
  5. フィルタータイプ(ローパス、ハイパス、バンドパスなど)

オートフィルターを使いこなすことで、単調な音を動的で興味深いサウンドに変化させることができ、音楽制作の幅が大きく広がります。