レーベルに進化しました。

ローパスフィルター

この記事は約2分で読めます。

ローパスフィルターは、その名前が示す通り、低い周波数を「通過」させ、高い周波数を「カット」するフィルターです。

  • 特定のカットオフ周波数以下の周波数成分を通過させる
  • カットオフ周波数以上の周波数成分を減衰させる

音楽制作での応用

1. 音色の調整

  • ベース音:低音を強調し、不要な高音をカットしてクリアな低音を作る
  • シンセサイザー:明るすぎる音を柔らかくする

2. ミックスでの活用

  • 各楽器のバランス調整:高音域が干渉し合う楽器間の分離
  • 全体的な音質調整:ミックス全体の明るさを抑える

3. エフェクトとしての使用

  • フィルタースイープ:カットオフ周波数を時間とともに変化させる
  • ダブステップのウォブル・ベース:LFOでカットオフ周波数を変調

4. ノイズ除去

  • 高周波ノイズの除去:録音時に入った不要な高周波成分を取り除く

重要なパラメーター

  1. カットオフ周波数:フィルターが効き始める周波数
  2. スロープ(傾き):カットオフ周波数以降の減衰の急峻さ(dB/octave)
  3. レゾナンス:カットオフ周波数付近を強調する度合い

ローパスフィルターは、音楽制作において音の形を整え、ミックスをクリアにし、創造的なサウンドデザインを可能にする多目的なツールです。適切に使用することで、プロフェッショナルな音質と独創的な音楽表現を実現できます。