レーベルに進化しました。

EG

この記事は約1分で読めます。

EGとは、シンセサイザーの文脈で「Envelope Generator」(エンベロープジェネレーター)の略称です。これは音の時間的な変化を制御する重要な機能の一つです。

EGの基本機能

EGは主に以下の4つの要素(ADSR)を制御します:

  1. アタック(Attack):音が始まってから最大音量に達するまでの時間
  2. ディケイ(Decay):最大音量から持続音量レベルまで減衰する時間
  3. サステイン(Sustain):キーを押し続けている間の持続音量レベル
  4. リリース(Release):キーを離してから音が完全に消えるまでの時間

EGの重要性

EGは以下の点で重要です:

  • 音色の特徴付け:楽器音の模倣や独自の音作りに不可欠
  • 音の表現力:音の立ち上がりや減衰の特性を細かく設定可能
  • 音楽ジャンルの特徴づけ:例えば、短いアタックと長いリリースは環境音楽によく使われる

応用例

  • ベース音:短いアタックと長めのディケイで、パンチのある音を作成
  • パッド音:長いアタックとリリースで、ゆったりとした雰囲気を演出
  • 打楽器音:非常に短いアタックとディケイで、鋭い音を生成

EGの適切な設定は、シンセサイザーで豊かで表現力のある音を作り出すための重要な要素です。