レーベルに進化しました。

ビートはケーキ:周波数帯の層で理解するサウンドデザイン

fig 11 07 2024 15 42 38 ビートメイキング
この記事は約2分で読めます。

今日は、音楽の周波数帯をケーキの層に例えて解説します。美味しそうな音楽の世界へようこそ!

土台の層:低音域(20Hz – 250Hz)

ケーキの一番下の層は、音楽の基礎となる低音域です。

この層は、ケーキ全体を支える重要な役割を果たします。

中間の層:中音域(250Hz – 2kHz)

ケーキの中間層は、音楽の主要な要素が集まる中音域です。

  • 主役:ボーカル、ギター、ピアノなどのメイン楽器
  • 特徴:音楽の核心部分、メロディハーモニーの中心
  • 注意点:各楽器の周波数が重ならないよう注意

この層は、ケーキの主要な味わいを決定づけます。

上の層:高音域(2kHz – 20kHz)

ケーキの上層は、音楽に輝きを与える高音域です。

この層は、ケーキ全体に華やかさを加えます。

フィルターの使用:層の調整

ケーキの層を調整するように、フィルターを使って各周波数帯を調整します。

ラップとコーラスの例

  1. ラップパート:
    • サンプルにローパスフィルター:上の層を削り、中間と下の層を強調
    • 効果:ラップの声(中音域)が際立つ
  2. コーラスパート:
    • ローパスフィルター解除:全ての層を復活させる
    • 効果:サウンドが開き、明るくなる

まとめ

音楽制作は、周波数帯という層を巧みに組み合わせてケーキを作るようなものです。各層のバランスを整え、フィルターで調整することで、リスナーの心に響く素晴らしい音楽が完成します。低音、中音、高音のバランスを意識しながら、各パートの特徴を活かしたミックスを心がけましょう。そうすれば、聴く人の心に残る、美味しい音楽ケーキの完成です!さあ、あなたも周波数帯を意識した音楽制作のパティシエとして、素敵な作品を作ってみませんか?