レーベルに進化しました。

録音

cosmoh love 5n8DbOOSDFQ unsplash ビートメイキング

90年代ヒップホップのサウンドを出す方法

90年代のヒップホップサウンドは、今でも多くのプロデューサーやリスナーを魅了し続けています。その魅力の一つが、生々しくグルーヴ感のあるドラムサウンドです。今回は、このサウンドを再現するための重要なポイントについて解説します。 サンプルパック...
fig 16 07 2024 16 33 27 ビートメイキング

タイトでコンパクトな響きのドラムを作る:ビートメイカーのための7つのテクニック

今日は、多くの人が求めている「コンパクトな響きのドラム」を作る方法について詳しく解説していきます。余計な響きを抑え、締まった音を作り出すことで、あなたのビートは一段とプロフェッショナルな印象になるでしょう。 1. サンプル選びが肝心 まず始...
fig 11 07 2024 15 57 36 ビートメイキング

ビートメイキングにおけるドラムサンプルの選択:ドラムライブラリー、Vinylサンプル、ドラムブレイクの比較

ドラムの音源選びは、楽曲制作において非常に重要な要素です。それぞれの特徴を理解することで、より効果的なビート作りが可能になります。 ドラムライブラリー(ドラムキット) メリット 多様性:様々な種類のドラムサウンドを一つのパッケージで入手でき...
e38395e382a7e383bce382bae381aee5958fe9a18ce381afe382b9e38386e383ace382aae381a7e8b5b7e3818de3828befbc9fe383a2e3838ee383a9e383abe381a7 ビートメイキング

フェーズの問題はステレオで起きる?モノラルで起きる?

フェーズの問題は、ステレオとモノラルの両方で起こり得ますが、その現れ方や影響は異なります。以下に、両者におけるフェーズの問題について詳しく説明します。 モノラルでのフェーズの問題 モノラル(単一チャンネル)でも、フェーズの問題は発生します。...
avatar AI音楽

生成AIツールの台頭で音楽レコーディングの仮歌さんは必要なくなった

音楽業界は技術の進化とともに大きな変革を遂げてきました。最近では、SunoやUdioといった生成AIツールが登場し、音楽制作のプロセスを劇的に変えています。これにより、仮歌さん(デモシンガー)の役割が不要になったと言っても過言ではありません...
avatar ラップ・ボーカル

売れないラッパーが活躍する方法:生成AIを活用した独自の曲作り

音楽業界は常に進化し続けており、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、生成AI(人工知能)は特に注目されています。生成AIを使えば、売れないラッパーでも独自の曲を作り、活躍の場を広げることが可能です。この記事では、SunoやUdio...
avatar AI音楽

AIを使ってビートメイキングする際、個性を出すにはどうすれば良い?

AIを使ってビートメイキングする際に個性を出すには、以下のようなポイントを意識すると良いでしょう。 1. AIツールの設定をカスタマイズする 使用するAIツールのパラメータを細かく調整し、自分好みのサウンドを作り出しましょう。 プリセットを...
e38393e383bce38388e383a1e382a4e382ade383b3e382b0e381a7e5808be680a7e38292e587bae38199e381abe381afe381a9e38186e38199e3828ce381b0e889af ビートメイカーのマインドセット

ビートメイキングで個性を出すにはどうすれば良いと思う?

ビートメイキングで個性を出すためのアドバイスをいくつかご紹介します。 サウンドの選択 一般的なドラムサンプルではなく、ユニークなサンプルを使用する 自分で録音したサンプルを取り入れる 音色を加工し、オリジナリティのあるサウンドを作る リズム...
avatar ビート販売サイト

[ビートメイカー] ステムファイルをラッパーに送る際、各トラックやマスタートラックにかけたエフェクトは外すべきなのか、それともエフェクトはつけたままにするべきなのか。

ビートメイカーとしてステムファイルをラッパーに送る際のエフェクトの扱いについては、以下のようなアプローチが一般的です。 各トラックのエフェクト 基本的には、各トラックのエフェクトは残しておくことをおすすめします。 ビートのサウンドを構成する...
avatar ラップ・ボーカル

ラップ録音において、息継ぎはミキシングで目立たないようにした方が良いのか、それともそのような処理はしない方が良いのか?

ラップ録音において、息継ぎの扱い方には一概に正解はないと思います。アーティストのスタイルや曲調、表現したい世界観によって判断すべきでしょう。