レーベルに進化しました。

私が作った下地のビートをベースにして、AIにメロディを考えてもらいました。このメロディを私が引き直しました。では完成したビートは誰のもの?

e7a781e3818ce4bd9ce381a3e3819fe4b88be59cb0e381aee38393e383bce38388e38292e38399e383bce382b9e381abe38197e381a6e38081aie381abe383a1e383ad AI音楽
この記事は約2分で読めます。
My Avatar 5

私が作った下地のビートベースにして、AIにメロディを考えてもらいました。このメロディを私が引き直しました。では完成したビートは誰のもの?

この質問は音楽制作における創作性と著作権に関する興味深い問題を提起していますね。完成したビートの帰属について、以下のように考えられます:

完成したビートの帰属

共同制作物としての見方

  1. あなたが下地のビートを作成
  2. AIがメロディを生成
  3. あなたがそのメロディを引き直し

この過程を見ると、完成したビートは実質的にあなたとAIの共同制作物と考えることができます。

法的な観点

しかし、法的には状況が異なる可能性があります:

  1. 多くの国では、AIが生成したコンテンツに対する著作権を認めていません。
  2. あなたが最終的にメロディを引き直したことで、創作性を加えています。

これらの点から、法的には完成したビートはあなたの著作物として扱われる可能性が高いです。

倫理的な考慮

倫理的な観点からは、AIの貢献を認識し、クレジットを与えることが適切かもしれません。例えば、「AI assisted」や「AI collaboration」などと表記することで、制作過程の透明性を保つことができます。

結論

法的には恐らくあなたの著作物ですが、AIの貢献を認識し、適切にクレジットを与えることで、より誠実で透明性のある音楽制作が可能になるでしょう。最終的には、あなたの判断と倫理観に基づいて決定することが重要です。