Genx Notes

仮想通貨&トレーディング

トレーディングのマインドセット

全ての仮想通貨銘柄のステークホールダーにはなれない!

2019/06/14

仮想通貨をやってると、

「この銘柄も良いな、あの銘柄も良いな。」

「このプロジェクトも支援したい!」

と様々な仮想通貨を持ちたくなる人が多いと思います。

でも、一つだけ覚えておいてください。

全ての銘柄のステークホールダーにはなることはできないということを。

一つの銘柄を買うということは一つの銘柄を売るということですから、

売った方の銘柄は数量が少なくなるわけです。

仮想通貨から別の仮想通貨ではなく、

もし「法定通貨」から仮想通貨の銘柄を買うにしても、

法定通貨が持つ「流動性がある通貨」という利便性のある資産を減らして、

仮想通貨の銘柄を買うわけですから、

結局は資産をリバランスしているだけで全ての銘柄のステークホールダーにはなることはできないわけです。

いずれ「仮想通貨200平均」みたいなインデックスが出来たり、

そのインデックスを取引できる「仮想通貨200平均先物」みたいな投機的な金融商品が出てきたとしても、

それを買えば「全ての銘柄のステークホールダーになった気分」を味わえるかも知れませんが、

先物取引となれば、取引所が定めたルールの元で「レバレッジ」を使うことになるわけですから、

それはそれで現物を買うよりリスクが高くなるわけですし、

投機という全く違うゲームになってしまうわけです。

だから結局のところ、全ての銘柄のステークホールダーにはなれません。

だから、選択と集中というか、

色々ある銘柄の中で「特に」信じているものを厳選して保有した方が

集中投資にはなりますが、ポートフォリオとしてはとんがってやりやすくなると個人的には思います。

というわけで、

今日はこの辺で!

-トレーディングのマインドセット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。