に投稿 コメントを残す

一つの銘柄に執着するな

今日は一つの銘柄に執着するなと言う話をしていきます。

ずっと持っている銘柄があったとして、

その銘柄が思ったように上がっていないという状態があったとします。

心の中では「思ったように上がらなかったけど、これから上がるかも知れない。この銘柄、これからいつ上がるかわからないけれど、もし売った後に上がってしまったらどうしよう?利益をミスることだけはごめんだ」

という考えがわいてきてしまうと思います。

こういう時は、その銘柄を売りたいけれど、売ってしまったら、

その時に得られるであろう利益を得られないという恐怖で

やりたいことがやれていないということになっていることに気づいてください。

確かにその銘柄はあなたがその銘柄を売った後に上がって、あなたはその利益を取り損ねるかも知れない。

でも、今の時点で「思ったように上がらなかった」ということがあるのなら、

もうその時点であなたの考えが間違っていたということではありませんか?

だったら、その間違えを認めて、いさぎよく現金化するなり、

他に欲しい銘柄があるのなら、そこにお金を注ぎ込むべきではありませんか?

実際に私もこのシーンに出くわしたことがありますが、

売るまでは「心のブロック」がすごいです。

でも実際に売ってしまったら、「なーんだ。意外とカンタンに売れるんだなぁ」と気づいてしまうわけです。

だったら最初から心のブロックがあったとしてもまずは売ってしまって、

次に行ってしまった方が良いと私は思うのです。

必ず次に繋がる物が見つかります。

だから一つの銘柄に執着するのはやめて、前に向かって進みましょう。

今日の記事が参考になれば幸いです。

に投稿 コメントを残す

投資の世界って再投資しないと意味がない

今日はタイトル通り、投資の世界って再投資しないと意味がないという話をしていきます。

普通のビジネスだと、売上を上げて、その売上の一部を給料にしたり、生活費にしたり、また一部を設備のために再投資したりしますね。

でも、投資の場合、安く買ったものを高く売ることで「キャピタルゲイン」が得られるという仕組みのため、通常の売上と違って何回も繰り返すことはありませんし、買ったものを売ったら、そこで資金の流れはストップしてしまうわけです。

その資金をさらに増やそうとしたときに、キャピタルゲインで上がった分を先に抜いてから再投資したとしたら、複利の恩恵を受けられなくなるわけです。

だから、キャピタルゲインで上がった分を抜き取ることなく、再投資に回す必要が出てくるわけです。

意味が分かりますかね?

そう考えるとキャピタルゲインで上がった分から給料を払ったり、生活費にするのは非常に効率が悪くなり、むしろ元本が崩れていく可能性があるわけです。

だからこそ投資は余剰のお金でやるのが好ましいわけですが、今日はその話ではありません。

今日はキャピタルゲインで上がった分は再投資に回すことでやっと複利の恩恵を得られるようになるため、投資の世界では利益を再投資しないと意味がないのなら、じゃいつになったらキャピタルゲインで得られたお金で人生を楽しめるようになるかという話がしたいわけです。

では、答えを言うと、

得られる複利だけで生活費を全て賄って、それでもお金が余って投資に回すしかない状態になるまで投資のお金で楽しむことができないということです。

つまり、投資のお金で楽しめる時間を作りたいとなったら、資金がそこまで増えるまで先送りするしかなくなるわけです。

だからこそ、投資から得られるお金に「楽しみ」を見出してはいけないわけです。

逆から言うと、今人生を楽しむためには、

今楽しめる時間を投資以外から作るしかないのです。

だって、利益を得られても再投資に回さないといけないなら、いつになったらそのお金を使えるのか?ということ話になるんです。

それに、やっと投資で欲しい金額が貯まったという時に、あなたの寿命がきてしまったら、せっかく我慢してお金を貯めたのに、そのお金を使うことなく人生が終わってしまうということになるからです。

だからこそ、投資でお金を増やして、そのお金で楽しもうとすることよりも、まずはあなたが魂から喜べることを見つけることを優先した方が良いと私は思うのです。

に投稿 コメントを残す

決済方法に仮想通貨を受け付けてみよう

オンライン、またはオフラインでショップを営んでいる人におすすめしたいことがあります。

それは、決済方法として仮想通貨を受け付けてみませんか?ということです。

それを一度Twitterでつぶやいてみたら、

「税金の計算どうするの。。。?」と聞かれたことがあります。

私はその人に言いました。

「仮想通貨で商品やサービスを販売して、仮想通貨を受け取った瞬間に、USDTや法定通貨等に即交換しましょう」と。

そしてこうも言いました。

「USDTや法定通貨にすぐに換金すれば、いつも通りに計算できますよね?」と。

そうなんです。仮想通貨としてもっていなきゃいけないというルールはありませんから、計算しやすいフォーマットにしてしまえば良いのです。

もちろん、仮想通貨を法定通貨に換金するために取引手数料がかかったり、

両替したお金を銀行に出金したりするために出金手数料はかかるかも知れません。

じゃ「なんでそんなにめんどくさいことしてまで仮想通貨を受け付けなきゃいけないんだ?」って質問に答えます。

理由は簡単です。

「その方が売れるから」です。

最近はたくさん仮想通貨を持っていても、それを使えなくて困っている「仮想通貨持っていても使えない難民」が多いんです。

だからそういう人達は本当は持っている仮想通貨を使いたいんだけれど、受け付けてくれるところが現状少なすぎて、大金を持っていても、それをトレードして増やしたり、ウォレットに放置するくらいしか方法がなくてとっても困っているわけです。

こういう連中を「お客さん」にできたとしたら、それだけで新しい経路からお客さんを連れて来れるというものです。

もちろんさっき言ったように

もちろん、仮想通貨を法定通貨に換金するために取引手数料がかかったり、

両替したお金を銀行に出金したりするために出金手数料はかかるわけですから、

商品の値段を5%~10%上げて販売したりするような工夫はもしかして必要かも知れません。

それでも仮想通貨を「受け付けてくれる人」が一人でも増えるからこそ、仮想通貨を「喜んで使ってくれる人」が現れるようになるというものです。

だからあなたも、めんどくさがらずに、仮想通貨を受け付けてみませんか?

に投稿 コメントを残す

ビットコインキャッシュの仮想通貨としてのメリットとデメリット

今回はビットコインキャッシュが仮想通貨として持つメリットとデメリットを解説していきます。

続きを読む ビットコインキャッシュの仮想通貨としてのメリットとデメリット
に投稿 コメントを残す

ビットコインキャッシュの仕組み「Proof of Work」システムとは何か?

ビットコインキャッシュのネットワークを動かしているアルゴリズム(仕組み)をProof of Work(POW)と言います。直訳すると「仕事による証明」です。

続きを読む ビットコインキャッシュの仕組み「Proof of Work」システムとは何か?
に投稿 コメントを残す

ビットコインキャッシュで何ができるの?

ビットコインキャッシュはブロックチェーン・テクノロジーを根幹としており、分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かずにしてコンセンサス(信憑性のある合意)を到達する方法を可能にするソフトウェアです。

続きを読む ビットコインキャッシュで何ができるの?
に投稿 コメントを残す

[ビットコインキャッシュ] すぐに使う資金とそうではない資金は別のところに置く

先日、ビットコインキャッシュ建てで支払える六本木のピザ屋さんに行ってきました。

そこではですね、

続きを読む [ビットコインキャッシュ] すぐに使う資金とそうではない資金は別のところに置く
に投稿 コメントを残す

フリートラックでラップしてもどこにも行けない。じゃどうするか?

今日はフリートラックでラップしてもどこにも行けない可能性が高いよ、じゃどうすれば良いのか?というお話をしていきます。

続きを読む フリートラックでラップしてもどこにも行けない。じゃどうするか?
に投稿 コメントを残す

家でボーカルを録音するための設定方法

私はラッパーやシンガーに助言するときには基本的に家で録音するように伝えています。

続きを読む 家でボーカルを録音するための設定方法