に投稿 コメントを残す

Reason 12でビート制作 – “What I Want”

今日作ったビートです。Reason+にサブスクしているので、最新のReason 12の楽器を使って制作しました。

Beat: https://www.beatstars.com/beat/what-i-want-10878942

に投稿 コメントを残す

販売するビートは整理しておこう

販売するビートのプロジェクトファイル、どうされていますか?

面倒くさがらずに、ちゃんとトラックアウトしておくと良いです。

BeatStarsに上げておくなり、Dropboxに上げておくなりして、

オーディオを残しておけば、最悪プロジェクトファイルが開けなくなっても、

音源を残すことができますからね。

ベストはプロジェクトファイルのプラグインなりVSTiなりを最新にしつつ、いつでもプロジェクトファイルを開ける状態にしておくのが良いのですが、

場合によってはコストが発生して、過去音源をずっとサポートすることが難しくなる場合もありますからね。

そういう場合にはトラックアウトファイルが役に立ちます。

仮にプロジェクトファイルがなくなったとしても、音源をミックスし直すことができますからね。

に投稿 コメントを残す

ビートをトラックアウトしとくと良い。

最近上げているビートはトラックアウトしてBeatStarsに乗せています。

私が欲しいのはファンではない。仲間だ。の記事では仲間が色々とプロジェクトで遊べるように、音楽のプロジェクトファイルを載せていくって話をしたんだけれども、

プロジェクトファイルだとDependencyが多すぎるのがネックなんですよね。

Dependencyというのはプロジェクトファイル自体がパソコンにインストールされている音源やプラグインに依存してしまうということです。

つまり、プロジェクトファイル作成者が使った楽器やプラグインをお持ちでない場合(パソコンにインストールされていない場合)、別の楽器やプラグインに置き換えるまで、正しくトラックが再生されないことがあるわけです。

(Auxy等、サブスクベースのアプリならば、サブスクさえすれば同じ環境が整うので、ほぼdependencyがないということもありますが、パソコンで作ったプロジェクトファイルの場合はやはりどうしてもDependencyというものが発生してしまいます)

だから、そういう意味ではトラックアウトして、ZIP化すれば、オーディオとしてどんなDAWでも編集することができるというわけです。

もちろんトラックアウトも万能ではなく、ドラムや楽器のリズムを変えたいとなると、MIDI情報がないので打ち込み直すのが大変だったりするわけです。

いずれにしても、プロジェクトファイルを提供できない場合はトラックアウトをしておくと良いと感じたので、今後制作するトラックに関してはトラックアウトを残していこうと思っています。

に投稿 コメントを残す

やっぱり非中央集権型の音楽アップロードサービスって良いかも。

最近BeatStars Distributionで再リリースした曲がリジェクトされたり、

SoundCloudに曲を上げたらBeatStars Distributionであげた曲と同一だからフラグされて著作権違反ですよというメッセージとともに曲が削除されたりして、

思いました。

「自分の曲を自由に使えなくなるとうざいな」と。

そう考えると非中央集権型のアップロードサービスって色々言われなくて良いなと思った。

それは何か?

例えばここ1年くらい使ってるAudiusとか、最近再開したOdyseeとか。

これらのサービスだと自分の曲をあげた時に色々言われないから本当に楽。

あと、非中央集権型ではないけれど、文句言われないもう一つのサービスとしてBandCampもある。

だから、これらのサービスを最近見直してるというか、

良いなぁ〜と思い始めた。

時間かかるかも知れないけれど、これらのサービスにまた音楽のカタログを少しずつ上げていこうと思う。

に投稿 コメントを残す

BeatStars Distributionで再リリースした曲が後からリジェクトされた。

BeatStars Distributionで再リリースした曲があるんだけど、

再リリースして数ヶ月経ってから、

「Your album distribution request was rejected by out quality control team」という内容のメールが飛んできた。

BeatStars DistributionのDashboardに行って見てみたら、

「Your track violates our copyright infringement guidelines. The exact track exists on popular music services and cannot be re-released. Please replace the audio with original music. Submitting music you do not own can result in BeatStars shutting down your account. Your track violates our copyright compliance and may contain material you do not own. Please replace it with original music」

というメッセージが来てた。

Spotify等のサービスからもこの曲が消えてた。

しまったー。

これはRoutenoteで配信していた時代の曲だ。

何も考えずにRoutenoteから曲を抜いて、Routenoteからアカウント消してしまったから、

当時のISRC番号が全く分からない。

だから再リリースした際に、過去にリリースした作品とバッティングしたんだろうなと思ってる。

自分の曲なのに、やってしまった。

あの時はあまり知識がなく、気軽にRoutenoteのアカウント消しちゃったからなぁ。

もうアカウント復活できないし、ISRC番号も分からないし、

再々リリースしてもまたぶつかるのは時間の問題だよね。

ピッチ早くして再リリースしたり、楽器変えてミックスダウンし直して再リリースしても良いんだけど、

そんな小細工はもうしたくない。

まぁ、ストリーミングサービスに上げられない曲があってもまぁいっか。(まぁ良くないけど、まぁいっか)

悲しい。

に投稿 コメントを残す

ビートを上げ続けるのが正解か?

以前、販売するビートの数が多すぎるのも問題だでジャムの法則を紹介しました。

記事を書いたその時はビート数が少ない方がお客さんにとっては選びやすくて良いと思っていたのですが、

最近はビート数が少ないよりも、作り次第アップしていった方が良いような気がしてきました。

理由は簡単です。

ビートを上げ続けて、ビートの数が増えてくると、どこからともなくリスナーがやってくるからです。

それはBeatStarsで検索でやってきたお客さんかも知れないし、Googleから検索でやってきたお客さんかも知れないし、SNSから検索してやってきたお客さんかも知れない。

でも、実感としては、ビートを定期的に上げていくと、それに釣られて新しいビートのみならず、古いビートにもアクセスが行くということです。

ということは、もしかしたら、ビート数は少ないよりも、どんどん量産していって良いのかも知れない。

そう最近は思い始めて、この記事を書きました。

に投稿 コメントを残す

BeatStars Distributionって最近すごく変。

BeatStars Distributionでリリースすると、

SoundCloudに作品が自動で出るんだけど、

前の作品は全部Not available in Japanになっていたんだけど、

最近のやつはNot available in Japanがなくなっているんだ。

それが変だ!という意味で言ってるわけではない。(まぁ、変なんだけど)

それよりも、もっと変なのは、

同じ作品がNot available in Japanになっている状態のものと、

聞けるものが混在していることだ。

なんじゃこりゃ?

ふざけるな!

BeatStarsもある時期を境に急激にDistributionのシステムを変えた形跡があって、

その時期より前にリリースした作品の中身をBeatStars Studioのページから見ようとすると、中身が表示できないというエラーが出るんだ。

それに、以前はYouTube MusicとYouTube Content IDは別のストアとして認識されていたのだが、

最近はYouTube MusicとYouTube Content IDはセットになってる。

だから、BeatStars Distributionには怒ってる。

企業として志が高くて、色々なことを試そうとして、チャレンジ精神が高いのは分かる。

でも、システムを変えた時に、システムを変える前にリリースした作品の中身が見れないってどういうこっちゃ!

BeatStars Distribution、そろそろ変えどきかなぁ。

変えるなら私の中ではSoundCloud Repost一択なんだけどね。

作品数多すぎて、移すの気が遠くなるなぁ。

に投稿 コメントを残す

Beatmaker Brandでグッズ販売始めました。

Beatmaker Brandでグッズ販売始めました!

https://beatmakerbrand.com/merch

これ、どうやってやったかというと、Printful使ってます。

実はBeatmaker Brandのサイトを立ち上げるために使っているシステムがBeatStarsで、これって元々はビートをリースするためのプラットフォームなんですね。

とにかく、サイト上で音楽を簡単にプレイしたり、ダウンロードしたりできるので、今はBeatStarsを使っています。

で、Printfulなんですけどね、BeatStarsの管理画面からPrintfulのAPIと繋げられるのです。

APIを設定したら、後はPrintful側のサイト上で商品を作って、BeatStars側で同期ボタンを押すと、BeatStars側のショップに商品が表示させることができます。

で、一応Printfulはドロップシッピングという形になっているので、在庫を抱えなくて良く、お客様から注文を受けたら商品を作って、Printfulからお客様へ直接配送するという仕組みになっています。

に投稿 コメントを残す

Beatmaker Brandというレーベルを始めました。

タイトルの通りです!

Beatmaker Brandというインディペンデント・レーベルを発足させたんですけど、

レーベル持つのってなんか楽しいなぁ〜と思いました。

これからGenx Beatsの新曲は「Beatmaker Brand」レーベルから配信することになります。

で、Genx Beats個人の配信は「BeatStars Distribution」使っていたんですけど、

BeatStars Distributionはアーティスト名一つしかでしか配信できないみたいで、

色々検討して、レーベルでは「SoundCloud Repost」を使うことにしました。

SoundCloud Repostならアーティスト名一つに限定されていないみたいなので、良いかな〜と思いました。

まずはレーベル用のSoundCloudアカウントを開設して、

その後、SoundCloud Repostに契約しました。

SoundCloud Repost開設したら、「契約書記入してサインしろ〜!」みたいなメッセージが出てきて、なんか知らないけど結構緊張した〜。

Macのトラックパッドを使って、頑張ってサインしましたよ、はい。

Genx Beatsの過去の音楽についてはレーベルがない状態で配信していたので、このままBeatStars Distributionに置いておくか、

ちょくちょく時間がある時に、ISRC番号だけコピペして、

地道にSoundCloud Postに引っ越そうかと思います。

でも400件近いシングルをBeatStars Distributionから配信しているので、これ全部動かせるかは疑問です。

少なくともこれから先のリリースはレーベル経由にするということで、過去リリースに関しては検討中です。

ISRC番号を控えて、Distributerを引っ越す件については以下のリンクで勉強させてもらいました。

How To Switch Distributors Without Losing Stream Counts or Playlists

ISRC番号、覚えておくの大事やな〜。

そう思いました。

そうそう。

で、うちの新設レーベルから曲出したい人、募集したいと思います!

コンセプトとしては、著作権フリーミュージックでおなじみの「NCS」のような感じを目指しているので、

基本は当レーベルからはフリーダウンロード・フリーユースで配って、

同じシングルやアルバムをストリーミングにも配信して、ストリーミングで得た売上に関してはSoundCloud RepostのSplit Payを使って、自動配分したいと考えております。

配分の率はあなた75%で当レーベルが25%です。

「フリーダウンロード・フリーユースで使っても良いよ!」というオリジナルビート(YouTube Content IDに登録していない音楽)をお持ちの方、ぜひ一緒に楽曲を当レーベルからリリースしてみませんか?

では、これからまたSoundCloud Repostをいじり倒して、Repostの仕組みの勉強に戻りたいと思います!

では!

に投稿 コメントを残す

ビートリースは死んだか。

最近はビートのリースは意味があまりない気がしています。

理由は、まずはリースビートの市場が飽和していることが挙げられます。

それはBeatStarsやAirbitのサイトを見れば分かります。

以前に比べて売り手の数が大幅に増えたことで市場が飽和してきています。

なので、周りの人と同じ価格帯で勝負しても埋もれてしまう可能性が高いわけです。

ですから、BeatStarsやAirbit等のサイトとは別に自分のサイトでも展開するべきなんですが、だとしても、

やはりリース形態だと「そこまで真剣ではないアーティスト」達やその他大勢と競争に巻き込まれてしまう可能性が高いわけです。

とは言っても、あなたの「ビートを売っていきたい」という気持ちが消えないとしたら、

独占ライセンスを販売していくのが良いと個人的には思います。

独占ライセンスを販売していれば、多くのお客さんを相手にする必要はないですし、

報酬の金額もリースとは比べものにならないです。

また、アーティストと1対1で真剣に向き合うことができますし、

あなたとアーティストで真剣に楽曲を作ることができるわけです。

だからこそ、これから先はビートを売るとしたら、「独占ライセンスの販売」を考えていくのはありかなと思っています。