に投稿 コメントを残す

Jetpack Securityは便利だけど、選べるプランが不足している

Jetpack Securityに入ってみました。

常にバックアップ取ってくれるから、

WordPressを5.8から5.9に上げる時も全然怖くなかった。

なぜなら変更するたびにリアルタイムでバックアップを取ってくれているのと、

1日一回のデイリーバックアップもあるから。

素晴らしい!の一言。

でもね、問題があるんです。

それはプランです。

今ね、10GBのプランに入っているんだけれど、

これ8.9GBまで来て、今ストレージが枯渇しそうになってる。

で、次のプランが急に1TBに飛ぶんだけど、料金が7975円/月。

最初の一年は半額になるようだけど、2年目からはフルで払う必要がある。

1TBに急に飛ばなくても、できたら100GBのプランとか200GBのプランとか追加して欲しい、マジで。

に投稿 コメントを残す

JetpackのBackupがリアルタイムになりました。

今までデイリーバックアップのJetPack Backupがリアルタイムバックアップになったようです。

問題は10GBがすぐにまんぱんになってしまうところです。

10GBの次が1TBになってしまいますが、値段が跳ね上がります。

ちょうど間の100GBや200GBのプランがあれば良いんですけどねぇ。

続きを読む JetpackのBackupがリアルタイムになりました。
に投稿 コメントを残す

WordPressサイトをスパムから守る方法

WordPressに最初からインストールされている、「Akismet」というプラグインがあります。

これはコメントのスパムなどを撃退してくれる優秀なプラグインなんですが、動作させるにはAPIキーというものを取得する必要があります。APIキーは無料で取得することができます。

Akismetは是非つけて頂きたいので、有効化させる手順をご紹介します。

Akismetを有効化する手順

akismet_01

AkismetをPluginsから有効化します。すると、Activate your Akismet accountというポップアップが表示されますのでクリックしてください。

akismet_02

Akismetの設定ページから”Get your API key”をクリックします。

akismet_03

Akismetのウェブサイトに飛びますので、”Get an Akismet API key”をクリックしてください。

新しいWordPress.comのアカウントを作ってくださいと出ます。WordPress.comのアカウントがない場合はE-mail Address, Username, Passwordの欄を入力して作成してください。

akismet_04

私はJetpackというプラグインを使うためにWordpress.comのアカウントを作成済みなので、”I already have a WordPress.com account!”をクリックします。

akismet_05

WordPress.comのユーザーID/パスワードを入力してログインします。

akismet_07

WordPress.comのアカウントとAkismetを紐づけたいというページが表示されますのでAuthorizeをクリックします。

akismet_08

PersonalのSign Upのリンクをクリックします。

akismet_09

すると、支払いのページが表示されます。

akismet_10

ここで料金を支払っても良いですが、”What is Akismet worth to you?”の部分のスライダーを$0/yrにすると、無料でダウンロードできるようになります。ここの例では$0/yrにして進めます。Continueのボタンをクリックしてください。

akismet_11

処理中の画面が表示されます。

akismet_12

処理が終わったらAkismetのAPIキーが表示されます。これはコピーしてください。

akismet_13

WordPressの管理画面に戻り、”Manually enter an API key”のところにコピーしたAPIキーをペーストして、”Use this key”をクリックします。

akismet_14

“Your Akismet account has been successfully set up and activated. Happy blogging!”というメッセージが出て、Akismetが起動します。

まとめ

Akismetを有効にするだけで相当コメントスパムが減ります。完全になくすわけではありませんが、かなり優秀です。必ず使うようにしましょう。

に投稿 コメントを残す

iOS端末から使えるアナリティクスアプリ

iOS上で使えるアナリティクスのアプリを紹介します。これらはあなたのWordpressサイトにやってくる訪問者の解析が可能になるアプリです。

WordPress for iOS

analytics_02

WordPressアプリを使えばアナリティクスを使うことができます。これはGoogle Analyticsではなく、Wordpress.com独自のStats機能を使用しますので、Google Analyticsとは違う計測方法が使われています。

WordPress for iOSからStats機能を使うには、WordPressにJetpack for WordPressをインストールし、Wordpress.comにアカウントを作成しておく必要があります。

analytics_01


WordPress.com Statsの正式な説明についてはこちら(英文)

Analytics Tiles App

analytics_03

Analytics Tiles Appを使えばタイル上にアナリティクスを使うことができます。これはGoogle Analyticsのデータを独自のユーザーインターフェイスで表示するアプリです。

まとめ

今まで使ったアクセス解析アプリの中ではこの二つのアプリが圧倒的に使いやすいです。

特に、Google AnalyticsとWordpress.comの両方を使ってアクセス解析をすると、それぞれ単体では分からないことが分かるようになるので、集客に役立つこと間違いなしです。

に投稿 コメントを残す

サイトが落ちていることを知らせてくれるプラグイン

サイトが何かしらの理由で落ちてしまったときに、そのまま気づかないまま放置してしまうとせっかく来てくれたお客さんを帰してしまうことになるので機会損失に繋がります。そのため、出来るサイト運営者は常にサイトが閲覧できる状態になっていることを確認しておく必要があります。

しかし、共有サーバーなら隣人が負荷をかけたことで自分のサイトまで落ちてしまうということもありますし、その反対に自分のサイトがサーバーに負荷をかけすぎたら隣人のサイトごと落としてしまうということもあります。

このようなことを24時間手動で見守るわけにはいきませんので、サイトが落ちたらすぐに教えてくれるプラグインを使います。

それは「Jetpack by WordPress.com」というプラグインです。

このプラグインを入れておけば、5分おきにサイトの状態を確認し、サイトが万が一落ちていたらメールで知らせてくれるようになります。

Jetpackがメールで知らせてくれる仕組み

JetpackはあらかじめWordPress.comにアカウントを作りメールアドレスを登録しておかないと使うことができません。

JetpackをWordPressにインストールし、あなたのサイトとWordPress.comのアカウントを連携することで初めてJetpackの機能が使えるようになります。

Jetpackを有効化した後、「Monitor」という機能を有効にしてください。すると、WordPress.com側からあなたのサイトを5分おきに監視するようになります。

もしあなたのサイトが落ちていたら、WordPress.comに登録されているメールアドレスからメールが送信されます。

あなたのサイトが落ちていたら自分自身にはメールは送れないため、外部のサービスを使ってあなたのサイトを監視して、そちらに登録してあるメールアドレスからメールを送ってもらうというのは実はとても合理的な考えなのです。

これさえ入れておけば、サイトのダウン・タイム(落ちている時間)を最小化することができるでしょう。