に投稿 コメントを残す

昔myetherwalletで作ったETHウォレットを他のウォレットにインポートする方法

とにかく、昔はmyetherwalletで64桁のプライベートキーで復元する方法がありました。

最近はその手法は危なっかしいらしくて、それはやっていないみたいで、プライベートキーを持っていたとして、直接myetherwalletやMetamaskやBrave Walletで復元しようと思ってもできませんでした。

だから、調べました。

そしたら、プライベートキーから直接復元できるウォレット、ありました。

それは何かというと、「Trust Wallet」を使いました。

Trust WalletならETHウォレットをプライベートキーから復元することができます。

に投稿 コメントを残す

MetaMaskでPolygonネットワークに接続する方法

MetaMask上での設定を以下のように設定します。

  • ネットワーク名:Polygon Mainnet
  • RPC URL:https://polygon-rpc.com/
  • チェーンID:137
  • シンボル:MATIC
  • ブロックエクスプローラURL:https://polygonscan.com/

Brave Browserのウォレットで接続する場合は、

MATICの小数点以下の桁数を聞かれますが、それは18にセットすればOKです。

に投稿 コメントを残す

MetaMaskでPolygonネットワークに接続する方法

MetaMask上での設定を以下のように設定します。

  • ネットワーク名:Polygon Mainnet
  • RPC URL:https://polygon-rpc.com/
  • チェーンID:137
  • シンボル:MATIC
  • ブロックエクスプローラURL:https://polygonscan.com/

Brave Browserのウォレットで接続する場合は、

MATICの小数点以下の桁数を聞かれますが、それは18にセットすればOKです。

に投稿 コメントを残す

Brave Browserとは?

プライバシーを重視したインターネットブラウザのこと。

多くの広告をブロックすることができる。

ただし、Brave側が出している広告を任意で見れば、BATをもらうことができる。

受け取ったBATは換金することもできれば、

クリエイターに対して投げ銭することができる。

Braveが広まっていけば、既存のGoogle Adsenseのようなユーザーの情報を吸い取って表示するような広告配信を利用することなく、

ユーザーがクリエイターに対して直接投げ銭できる文化を広めていくことができる。

最近ではmetamaskの代わりに内臓のウォレットを使用して、NFTを取引したりすることができる。