に投稿 コメントを残す

OurSongでThunderCoreのNFTを無料で作成できるようになりました。

早速ThunderCoreのNFTを作成してみました。

TT1155というフォーマットらしいです。

本当に無料で作成できました。

https://www.oursong.com/vibe/grqmbdkr

今後はThunderCoreでNFTを作成するか、既存のPolygonで作成するか、迷ってしまいますね。

に投稿 コメントを残す

じゃNFTはどこで作れば良いのか?

Solanaはネットワーク問題が多いでしょ?

で、BakerySwapはバージョンアップ繰り返してついていくのが大変だし。

OpenSeaは別に良いんだけど、ETHで作るとガス代(手数料)が高いし、

PolygonはETHのセカンドレイヤーだから色々と面倒だし、

本当にNFTってどこで作れば良いんだろう?って思う。

最近はNFTは買うなとか主張してる人のYouTubeは見ちゃうし、

なんだか良く分からなくなってきたなぁ〜w

に投稿 コメントを残す

Polygon VS Solana NFT

Polygonネットワークだと無料でNFTをMintingできることから、最初はいいなぁと思ったけれど、最近はETHのセカンドレイヤーって使いにくいなぁとちょっと思いました。

MetamaskのネットワークをPolygonにわざわざ切り替えたり、Metamask上でOpenSeaのNFT表示させるだけなのにMobile Metamaskの中で手動でContract AddressやToken ID入れたりしなきゃいけなかったり、ETHなのかWrapped Etherなのか気にしなきゃいけなかったり、MATICも入れとかなきゃと、とにかく色々なことが面倒なんです。

また、OpenSeaのPolygonネットワークは「Lazy minting」だからか、NFTがブロックチェーンに記載されるまでにはNFT自体が購入されるか別のウォレットにトランスファーさせるかのどちらかが必要になるようです。

また、Listing中(売り出し中)にNFTを別のウォレットにトランスファーすると、NFTがLazy mintingのまま動いているのか、ブロックチェーンに乗ったのかが分からなくなるようになる挙動になっていて、びっくりしました(料金がかからないまま転送が可能になっているため)。

そう考えると、Solanaって別のブロックチェーンだし、Lazy Mintingなんてないし、少量のSolanaさえウォレットに入れておけば、Solseaで速攻でmintingできるし、考えることが少なくて良いなぁと思った次第です。

だから最近はPolygon(OpenSea)からSolana(SolSea)に目移りしそうな感じになっております。

でもSolanaってネットワークの問題多いから、帳消しになる感じ。

さぁ、NFTはどこで作るのが良いのだろうか。。

に投稿 コメントを残す

現時点ではNFT作るならPolygonが良いですね。

現時点ではPolygonが一番良いかなと思っています。

なぜか?

それはNFTの作成そのものに手数料がかからないというのが大きいですね。

それと、最近のニュースもあります。

「ポリゴン、ソフトバンクVFが出資──510億円ラウンドで、Web3投資加速」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a894dee1e725a6703973a88a0a1674eb814980c0

イーサリアムのスケーリングソリューションとして知られるポリゴン(Polygon)が、ソフトバンク・ビジョンファンドなどから4億5000万ドル(510億円相当)の資金を調達した。今回のラウンドは、暗号資産「マティック(MATIC)」を譲渡する形で行われた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a894dee1e725a6703973a88a0a1674eb814980c0

ソフトバンク・ビジョンファンドなどからの資金調達したっていうのも、良いと思った理由です。

イーサリアムをスケーリングできますと謳うプラットフォームの中では最も良いんじゃないかなと感じています。

あくまでも現時点では。

それにしても、MATICを売却して資金調達するって、

ポリゴンが仮想通貨売却で520億円調達、セコイアやSVF2など参加

仮想通貨界隈では本当にトークンが「株」のような役割を作りあげていますよね。

に投稿 コメントを残す

現時点ではNFT作るならPolygonかなと。

現時点ではPolygonが一番良いかなと。

なぜか?

それはNFTの作成そのものに手数料がかからないというのが大きいかな。

それと、最近のニュースもある。

「ポリゴン、ソフトバンクVFが出資──510億円ラウンドで、Web3投資加速」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a894dee1e725a6703973a88a0a1674eb814980c0

イーサリアムのスケーリングソリューションとして知られるポリゴン(Polygon)が、ソフトバンク・ビジョンファンドなどから4億5000万ドル(510億円相当)の資金を調達した。今回のラウンドは、暗号資産「マティック(MATIC)」を譲渡する形で行われた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a894dee1e725a6703973a88a0a1674eb814980c0

ソフトバンク・ビジョンファンドなどからの資金調達したっていうのも、良いと思った。

イーサリアムをスケーリングできますと謳うプラットフォームの中では最も良いんじゃないかな。

現時点では。

それにしても、MATICを売却して資金調達するって、

ポリゴンが仮想通貨売却で520億円調達、セコイアやSVF2など参加

仮想通貨は本当に「株」のような役割を作りあげてるよね。

に投稿 コメントを残す

Polygonネットワークで使えるDEXを3つ紹介

今回はPolygonネットワークで使えるDEXを数種類紹介します。

まず一つ目ですが、

続きを読む Polygonネットワークで使えるDEXを3つ紹介
に投稿 コメントを残す

BakerySwap NFT v2とv3

今までBakerySwapのv2でNFTを作っていたようですが、

v3が出てから、アートに対してロイヤリティー等を設定することができるようになったようです。

でも、既にmintingしたv2のものはv3にはアップグレードできないのかな?

できなさそうだよねぇ。

これじゃまた作り直しじゃないか。

NFTを作ったとしても、そうやってバージョンをちょこちょこ上げられたら、

何回も作り直さないと対応できないじゃないか。

ダメだなぁ、BakerySwap。

というか、ダメだなぁ、Binance Smart Chain。

最近はやっぱりEthereumとPolygonを採用しているOpenSeaでのNFT作成の方が良いように感じています。

に投稿 コメントを残す

Brave Wallet上でMATICネットワークに繋いだ後、wETHを表示する方法

Brave Walletをまずはパスワードでアンロックする。

次に、MATICネットワークに繋げて、

その後に三つの点のマークをクリックして「設定」をクリック。

ウォレットタブに行って、

「公開アセット+」を押す。

その時にコントラクトアドレスを入れないといけないんだけれど、

以下のページの情報、

https://polygonscan.com/token/0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

つまり、コントラクトアドレスの0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

を入力することと小数点の桁を18と入れる。

名称のところはwETHと入れて、Wrapped Etherであることを示しておく。

に投稿 コメントを残す

Polygon上にあるETHはWrapped Ether

備忘録です。

OpenSeaでも使われているPolygon上のETHは実際にはWrapped Ether(wETH)です。

コントラクトアドレスは:
0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

PolygonScanに行けば、実際に見ることができる。

https://polygonscan.com/token/0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

OpenSea上のヘルプページはこちら: https://support.opensea.io/hc/en-us/articles/4403264773523-How-do-I-find-my-funds-on-Polygon-

に投稿 コメントを残す

Polygon上にあるETHはWrapped Etherと同じ性質を持つ

備忘録です。

OpenSeaでも使われているPolygon上のETHは実際にはWrapped Ether(wETH)と同じ性質を持ちます。

つまり、Polygon ETHはPolygonブロックチェーン上にあるため、ネイティブなETHと同じではないです。ETHをPolygon ETHにするには交換する必要があり、Polygon ETHをETHに戻す際にも交換が必要です。

コントラクトアドレスは:
0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

PolygonScanに行けば、実際に見ることができます。

https://polygonscan.com/token/0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

OpenSea上のヘルプページはこちら: https://support.opensea.io/hc/en-us/articles/4403264773523-How-do-I-find-my-funds-on-Polygon-