レーベルに進化しました。

スクラッチ

この記事は約2分で読めます。

スクラッチ(Scratch)は、音楽制作、特にDJの技術の一つで、ターンテーブル上のレコードを手で前後に動かして独特の音を作り出す技法です。この技術は1970年代のヒップホップ文化の中で発展し、現代の音楽シーンでも広く使われています。以下にスクラッチについての詳細を説明します:

スクラッチの基本

  1. 技術的側面:
    • DJは片手でレコードを前後に動かし、もう片方の手でクロスフェーダーを操作します。
    • この動きによって、音が断続的に鳴り、独特のリズミカルな効果が生まれます。
  2. 音の特徴:
    • 「チキチキ」や「ワッカワッカ」といった擬音で表現されることが多い特徴的な音が生まれます。
    • 音の長さ、速さ、リズムパターンを変えることで、多様な表現が可能です。

スクラッチの種類

スクラッチには様々な技法があり、代表的なものには以下があります:

  1. ベイビースクラッチ:最も基本的な技法で、レコードを前後に動かすシンプルなもの。
  2. チャッパースクラッチ:クロスフェーダーを素早く開閉する技法。
  3. トランスフォームスクラッチ:ベイビースクラッチとチャッパースクラッチを組み合わせたもの。
  4. フレアスクラッチ:複雑なリズムパターンを作り出す高度な技法。

スクラッチの歴史と影響

  1. 起源:
    • 1970年代後半、ニューヨークのブロンクスで誕生したとされています。
    • DJ Kool Hercが偶然に発見したとも言われています。
  2. 発展:
    • 1980年代にヒップホップ文化の重要な要素として確立。
    • Grandmaster Flash、DJ Qbertなどの先駆者によって技術が洗練されました。
  3. 現代での影響:
    • ヒップホップだけでなく、エレクトロニック、ロック、ポップなど幅広いジャンルで使用されています。
    • ターンテーブリズムという音楽ジャンルの基礎となっています。

スクラッチは単なる技術にとどまらず、音楽表現の一つの形として認識され、現代の音楽シーンに大きな影響を与え続けています。