レーベルに進化しました。

ブロックチェーンのブリッジ: Wrapped Bitcoin (WBTC) を理解する

avatar 1 暗号資産の基礎知識
この記事は約2分で読めます。

Wrapped Bitcoin (WBTC) は、Bitcoin と Ethereum ブロックチェーンのユニークな融合を体現しています。これは、ビットコイン(BTC)の価値を持つ ERC-20 トークンで、Ethereum のプラットフォーム上で利用可能です。その核心には、ブロックチェーンの橋渡しとデジタル資産の流動性の向上というコンセプトがあります。

セクション1: WBTC の基本

WBTC は、1:1 の比率でビットコインに担保されており、その価値はオリジナルのビットコイン(BTC)と同等です。このメカニズムにより、ビットコインの価値を Ethereum ネットワーク内で利用することができます。ユーザーは、ビットコインを WBTC に交換することで、Ethereum 上でディセントラライズド・ファイナンス(DeFi)のアプリケーションやその他のサービスを利用することができるようになります。

セクション2: WBTC とディセントラライズド・ファイナンス(DeFi)

WBTC は DeFi プロジェクトと相互作用することを可能にし、ユーザーがビットコインを担保としてローンを取得したり、流動性プールに参加したり、ステーキングを利用したりすることができます。また、WBTC は Ethereum ベースDApps でのトランザクションを可能にし、ビットコインホルダーによるこのエコシステムへのアクセスを促進します。

セクション3: WBTC の生成と交換プロセス

WBTC を作成または取得する過程は、いくつかの主要なステップを経由します。まず、ビットコインを特定の「マーチャント」に送信し、それに対して WBTC トークンが Ethereum アドレスに発行されます。このプロセスは、「カストディアン」と呼ばれる第三者によって担保され、すべてのトランザクションが透明で検証可能であることを保証します。

セクション4: セキュリティと透明性

WBTC エコシステムでは、トークン化されたビットコインが実際のビットコインと一致していることを公開して確認することが可能です。これは、オンチェーンで行われる検証とオフチェーンでの担保のビットコインとの連携によって実現されています。この透明性が WBTC に信頼性をもたらし、ユーザーが安心して利用できる基盤を形成しています。