レーベルに進化しました。

AI音楽

AI音楽

Udio 1.5アップデート:音楽制作の新時代到来

音楽制作ツールの世界に革命が起きています。Udioが1.5にアップデートされ、驚くべき新機能が追加されました。このアップデートは、音楽制作の可能性を大きく広げるものです。早速、主な変更点を見ていきましょう。 1. ステムのダウンロード機能 ...
e7a781e3818ce4bd9ce381a3e3819fe4b88be59cb0e381aee38393e383bce38388e38292e38399e383bce382b9e381abe38197e381a6e38081aie381abe383a1e383ad AI音楽

私が作った下地のビートをベースにして、AIにメロディを考えてもらいました。このメロディを私が引き直しました。では完成したビートは誰のもの?

この質問は音楽制作における創作性と著作権に関する興味深い問題を提起していますね。完成したビートの帰属について、以下のように考えられます: 完成したビートの帰属 共同制作物としての見方 あなたが下地のビートを作成 AIがメロディを生成 あなた...
e99fb3e6a5bde588b6e4bd9ce381abaie38292e4bdbfe794a8e38197e3819fe38193e381a8e38292e6988ee3818be38199e5bf85e8a681e3818ce38182e3828ae381be AI音楽

音楽制作にAIを使用したことを明かす必要がありますかね?

音楽業界におけるこの問題は複雑で、常に変化しています。以下が考慮すべき主なポイントです: 法的・倫理的考慮: 現在、音楽制作におけるAI使用の開示を義務付ける普遍的な法律はありません。 ただし、一部のプラットフォームやコンテストではAI生成...
avatar AI音楽

AIと音楽制作:アーティストの葛藤、選択、そして本音

音楽制作の世界でAI技術が台頭する中、長年自らの手で音楽を作り上げてきたアーティストたちは、複雑な感情に直面しています。この状況下で、私たちは自身の動機と向き合う必要に迫られています。 承認欲求との向き合い 音楽制作の根底にある動機について...
avatar AI音楽

AIミュージックのパラドックス:自分のAI創作物への愛着、他人のAI作品への無関心

AI音楽に対するユーザーの愛着と無関心の理由については、いくつかの興味深い点が考えられます。 自分だけの特別な音楽 ユーザーは自分の好みや指示に基づいてAIに音楽を生成させるので、出来上がった曲は自分だけのオリジナル作品という感覚を持ちやす...
avatar AI音楽

私がイントロを作り、その上にAIがメロディを作成し、そのメロディを自分の楽器で演奏し直しました。この場合、ビートの所有権は誰にあるの?

ビートの所有権については複雑な問題ですが、一般的には以下のように考えられます。 イントロ部分 あなたが作成したイントロ部分については、あなたが著作権を持っていると言えるでしょう。これはあなたのオリジナル作品だからです。 AIが作成したメロデ...
avatar AI音楽

AIで素晴らしい音楽を作ったのに、なぜ誰も聴いてくれないの?どうすれば私の音楽を聴いてもらえる?

AIで素晴らしい音楽を作ったのに、なぜ誰もあなたの音楽を聴いてくれないのか、その理由はいくつか考えられます。でも、もっと多くの人にあなたの音楽を聴いてもらうための方法はありますよ。 考えられる理由 プロモーションが不十分: せっかく良い曲を...
avatar AI音楽

AIの台頭と著作権の終焉

人工知能(AI)技術の急速な発展は、著作権制度の存在意義そのものを揺るがしています。AIが人間と同等、あるいはそれ以上の創造性を発揮できる時代になると、著作権という概念が無意味になる可能性があります。 創作物の大量生成とオリジナリティの喪失...
avatar AI音楽

音楽制作の新時代:音楽生成AIが夢を叶える

音楽制作の世界に革命が起きています。それは、音楽生成AIの登場によるものです。この画期的なテクノロジーは、アーティストが自分の表現したい音楽を的確に表現できるようにサポートしてくれます。つまり、音楽生成AIはあなたの音楽的な夢を叶えてくれる...
avatar AI音楽

AIの登場で音楽制作の未来は二極化する

人工知能(AI)の急速な進歩により、音楽業界は大きな変革期を迎えています。特にラップやビートメイキングの分野では、AIを活用した作曲や歌詞生成が可能になってきました。この新しい技術に対するアーティストの反応は、大きく二つに分かれています。 ...