欲張らずに利益確定に専念したら全てが回り出す

暗号資産スイングトレードをするなら、そこそこの利益で満足し、素早く撤退することが有利です。
利益は伸ばさないといけないですが、スイングトレードをするならいつかは利益を確定させなくてはいけません。
では、買ったコインの価格があがった場合、あなたはどのように考えるでしょうか?
30000円で買ったコインが33000円になったら、3000円の利益が出ます。あなたなら3000円の儲けに満足して売れますか?
33000円になったのだから、36000円になるだろうと欲をかいて保有したままにしていると、37000円で天井を打ち、36000円、35000円、34000円と下がっていきます。
最初から「価格が100倍になったら売る」と決めていれば別ですが、その場合はスイングトレーダーではなく長期的な投資家としてのスタンスを貫くべきで、毎日の価格変動に一喜一憂することなくポジションを放置できているはずです。
スイングトレーダーならば、そこそこの利益で満足して次に行くのが良いのです。
では、先ほどの続きですが、33000円まで戻ってきてもまだ利益は出ていますが、この時点で利益を確定できますか?
多くの人は37000円まで上がったところを一度見てしまったため、33000円で売るのをもったいないと思ってしまうのです。これが危険なのです。
そうこうしているうちに、買値である30000円まで下がってきて、買値を割ってしまったらどうしますか?
さっさと売っておけば良かったものを、欲に負けて売らずにいると、29000円、28000円とどんどん下げていきます。
こういうとき、さっさと損切りして撤退できますか?30000円に戻ったら、チャラで決済しようと思っていませんか?チャラを狙うようになったら、危険信号が点灯してしまいます。買値には戻らずにさらに下げてしまうのです。
このように、上がっても売らず、下がっても売らなければ、一体いつ売るのでしょうか?
スイングトレードで行くと決めたのならば、一つの仕込みで大儲けを期待するのではなく、小さくても儲けを積み重ねていくというスタンスにするべきなのです。(一つの仕込みで大儲けしたいのなら、心から信じられる銘柄を見つけて、何年もバイアンドホールドをするような長期的な投資家になりましょう。)
「もう少しだけ儲けたい」という欲をなくし、利益がある程度出た時点で売って、利益を積み重ねていってください。
相場の天井を百発百中で当てるのは不可能ですから、「頭と尻尾はくれてやれ」の精神で確実な儲けを手にしていくのです。
その利益を再投資すれば、複利の効果を得ることができます。
最初は雪だるまが小さくても、雪だるまは指数関数的にどんどん大きくなっていきます。
ようは自分を律する、そうして感情を制することができればどちらでも良いのですが、欲張らなければ欲張らない程、あなたのアカウント残高が増えていく確率が高まるということなのです。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら