レーベルに進化しました。

ドライ

この記事は約2分で読めます。

音楽制作の文脈で「ドライ」とは、エフェクトや加工を加えていない、原音に近い状態の音声や楽器音を指します。つまり、リバーブディレイコンプレッションイコライザーなどの処理を施していない、素の音のことを意味します。

ドライの特徴

  1. 加工がない:余分な音響効果が付加されていません。
  2. 原音に忠実:楽器や声の本来の音色が保たれています。
  3. クリアな音質:余分な残響や歪みがないため、クリアに聞こえます。

ドライの使用場面

  1. 音源の評価:楽器や声の質を純粋に判断する際に使用します。
  2. エフェクト処理の基準:エフェクトを加える前の基準音として重要です。
  3. ミックスの初期段階:各トラックの音をクリアに把握するために使用します。

ドライとウェットの関係

  • 「ドライ」の対義語は「ウェット」です。
  • ウェットは、エフェクトや加工を施した状態の音を指します。
  • 多くのエフェクト機器やソフトウェアでは、ドライ音とウェット音のバランスを調整できます。

ドライ信号の重要性

  1. 柔軟性:後からどのようなエフェクトでも適用できます。
  2. 音質保持:過度な加工による音質劣化を防ぎます。
  3. 編集のしやすさ:ノイズ除去や音程修正などの編集が容易です。

ドライ信号を適切に扱うことは、高品質な音楽制作の基本となります。エフェクトを加える際も、常にドライ信号との適切なバランスを考慮することが重要です。