レーベルに進化しました。

不可逆圧縮

この記事は約2分で読めます。

可逆圧縮(ロッシー圧縮とも呼ばれる)は、音声データを圧縮する際に一部の情報を永久的に失うプロセスです。この方法は、ファイルサイズを大幅に削減できますが、元のオーディオの完全な品質を維持することはできません。

ビートメイキングでの応用

ビートメイキングにおいて、不可逆圧縮は以下のような場面で使用されます:

  1. サンプル管理:多数のサンプルを効率的に保存・管理するため
  2. オンライン共有:楽曲やビートをウェブ上で共有する際のファイルサイズ削減
  3. ストリーミング:音楽配信サービスでの使用

主な不可逆圧縮フォーマット

  1. MP3:最も一般的な圧縮フォーマット
  2. AAC:MP3の後継として開発された高効率圧縮フォーマット
  3. Ogg Vorbisオープンソースの圧縮フォーマット

メリットとデメリット

メリット

  • ファイルサイズの大幅な削減
  • ストレージ容量の節約
  • 高速なファイル転送

デメリット

  • 音質の劣化(特に高音域)
  • 繰り返しの圧縮による品質低下
  • マスタリング段階での使用は不適切

注意点

ビートメイキングのプロセスでは、制作段階では可能な限り非圧縮または可逆圧縮フォーマット(WAV, AIFF, FLAC等)を使用し、最終的な配布や共有の段階で必要に応じて不可逆圧縮を適用することが推奨されます。