レーベルに進化しました。

AAC

この記事は約2分で読めます。

AACは、ビートメイキングや音楽制作の文脈では、”Advanced Audio Coding”(アドバンスド・オーディオ・コーディング)の略称です。これは、デジタルオーディオの圧縮技術の一つで、音楽制作やオーディオ編集において重要な役割を果たしています。

AACの特徴

  1. 高音質圧縮:AACは、MP3と比較して同じビットレートでより高音質な圧縮が可能です。
  2. 効率的なファイルサイズ:高音質を維持しながら、ファイルサイズを小さく抑えることができます。
  3. 広い互換性:多くのデバイスやソフトウェアでサポートされています。

ビートメイキングにおけるAACの利用

1. オーディオエクスポート

  • 完成したビートやトラックをAACフォーマットでエクスポートすることで、高音質かつコンパクトなファイルを作成できます。

2. サンプリング

  • AACファイルからサンプルを抽出し、新しいビートに組み込むことができます。

3. オンライン配信

  • ストリーミングサービスやSNSでの共有に適しています。

4. モバイルデバイスでの作業

  • ファイルサイズが小さいため、モバイルデバイスでのビートメイキングやエディットに適しています。

注意点

  • プロフェッショナルな制作環境では、編集作業中は非圧縮フォーマット(WAVなど)を使用し、最終的な配布や共有の段階でAACに変換することが一般的です。
  • AACは可逆圧縮ではないため、繰り返しエンコード/デコードを行うと音質劣化が起こる可能性があります。

AACは、ビートメイキングにおいて、高音質と効率的なファイルサイズのバランスを取るために重要な技術です。適切に使用することで、制作プロセスの効率化と最終成果物の品質向上に貢献します。