レーベルに進化しました。

ビートにのせる思い:音楽を通して見えてくる未知の自分

e38393e383bce38388e381abe381aee3819be3828be6809de38184efbc9ae99fb3e6a5bde38292e9809ae38197e381a6e8a68be38188e381a6e3818fe3828be69caa ビートメイカーのマインドセット
この記事は約2分で読めます。

自分の思いって、言葉で表すのは難しいことがある。だからこそ、音楽があるんだと思うんだ。

音楽って、ただの音じゃない。自分の中の何か、言葉では言い表せない感情や思いをビートにのせて、形にできる。楽器を弾いたり、曲を作ったりすると、その中に自分自身が投影される感じがするよね。

たとえば、怒りや悲しみ、喜びなどの感情をビートに乗せてみると、それらの感情が音楽に変わる。言葉では説明できないその感じが、音楽を通して人々に伝わる。そこから、自分の中にある未知の部分を発見できるんだ。

これが、自分の思いをビートにして俯瞰して見るってこと。音楽を通して、自分自身を客観的に見つめることができる。音楽は、自分がどんな人間なのか、何を感じているのかを深く理解する道具にもなる。

俯瞰するというのは、自分を高い場所から見下ろすように、自分自身を外から観察すること。これをすることで、自分が普段気づかない感情や考えに気づけることもある。

例えば、自分が何に怒っているのか分からない時、それを音楽にしてみると、何が原因で怒っているのかが見えてくることがある。それは言葉では探りにくい、自分自身の深い部分に触れる方法なんだ。

このプロセスは、自己探求の一つの形。自分が誰なのか、何を感じているのかを理解するための方法の一つだ。

自分の思いをビートにすることは、自分を深く知るための旅。音楽を通して、自分の未知の部分を発見し、自分をもっと深く理解するチャンスなんだ。

だから、自分の思いをビートにしてみて、それを通して自分自身を俯瞰してみてほしい。すると、今まで知らなかった自分が見えてくるかもしれないから。それは新しい発見であり、自己理解への一歩になるはずだよ。