レーベルに進化しました。

「聞かれるビート」とは

avatar ビートのマーケティング
この記事は約8分で読めます。

【解説の前に】作ってすぐなら聞かれなくて当たり前

多くのビートメイカーが、自分の作品が聞かれないことに悩んでいます。特に、活動を始めたばかりの頃は、リスナーからの反応が少ないことに落胆することもあるでしょう。しかし、これは決して異常なことではありません。

立ち上げて間もないビートブログが読まれない理由

ビートメイキングを始めたばかりの頃、リスナーからの反応が少ないのは当然のことです。その主な理由は、単純にビートのストックが少ないからです。リスナーは、多様なジャンルやスタイルのビートを求めています。しかし、活動初期段階では、まだ十分なビートのバリエーションを提供できていないのが現状です。また、あなたのビートを知ってもらうためには、時間がかかります。リスナーがあなたの存在を認知し、あなたのビートを聴くようになるには、コンスタントに作品を発表し続ける必要があります。一夜にして人気者になることは稀であり、地道な努力が必要不可欠なのです。

すでにビートのストックがたくさんあるなら改善の余地あり!

一方で、すでにビートのストックがたくさんあるにも関わらず、聞かれていないという場合は、改善の余地があります。この場合、ビートの質や発信方法に問題がある可能性が高いです。

ビートの質を向上させるためには、リスナー目線に立った制作が重要です。リスナーが求めているものを理解し、それに応える形でビートを作ることが必要不可欠です。また、ビートのタイトルや導入部分も工夫が必要です。リスナーを引き付け、聴き続けてもらえるような仕掛けを施すことが大切です。発信方法についても、改善の余地があるかもしれません。SNSやビートの販売サイトを活用し、効果的にビートを発信することが重要です。また、リスナーとのコミュニケーションを大切にし、ファンを増やしていくことも必要です。

ビートが聞かれないことに悩んでいるあなた。まずは、自分の置かれている状況を冷静に分析してみましょう。そして、質の高いビートを作り続け、効果的な発信方法を模索していくことが、「聞かれるビート」への第一歩となるでしょう。

ビートが聞かれない原因5つ

1. リスナー目線での音楽制作ができていない

ビートメイカーは、自分が作りたいビートを作ることに集中しがちです。しかし、リスナーが求めているものと、作り手が作りたいものは必ずしも一致しません。リスナーの嗜好や需要を理解し、それに合ったビートを作ることが重要です。リスナーが求めているテンポ、ジャンル、雰囲気などを研究し、それを自分なりに解釈して制作に活かすことが必要不可欠です。

2. タイトルが魅力的に作られていない

ビートのタイトルは、リスナーが最初に目にするものです。つまり、タイトルは、リスナーがビートを聴くかどうかを決める重要な要素なのです。しかし、多くのビートメイカーは、タイトルの重要性を軽視しがちです。「Beat 1」や「Instrumental 2」といった無機質なタイトルでは、リスナーの興味を引くことができません。リスナーの心を掴むような、魅力的なタイトルを付けることが大切です。

3. 導入でリスナーを引き込めていない

ビートの導入部分は、リスナーを引き込むために非常に重要です。最初の数秒で、リスナーはそのビートを聴き続けるかどうかを判断します。つまり、導入部分で勝負が決まるといっても過言ではありません。しかし、多くのビートメイカーは、導入部分を軽視しがちです。単調なドラムループや、印象に残らないメロディでは、リスナーを引き込むことができません。導入部分には、リスナーの興味を引く要素を盛り込むことが重要です。

4. 自分にしか作れない「スタイル」を盛り込めていない

ビートメイカーには、他の作り手と差別化するための「スタイル」が必要です。しかし、多くのビートメイカーは、他の作り手の真似ばかりしています。その結果、ありきたりなビートしか作れなくなってしまうのです。自分にしか作れないスタイルを確立することが、ビートメイカーとして成功するための鍵となります。自分の個性を活かしたビートを作ることで、リスナーに強い印象を与えることができるでしょう。

5. リスナーにストレスを与えてしまっている

ビートを作る上で、リスナーにストレスを与えてしまうことは避けなければなりません。例えば、音量が大きすぎたり、低音が強すぎたりすると、リスナーは不快に感じてしまいます。また、ビートが長すぎたり、単調だったりすると、リスナーは飽きてしまうでしょう。リスナーがストレスを感じないよう、適度な音量や低音、変化のあるアレンジを心がけることが大切です。以上の5つの原因を理解し、改善することで、あなたのビートは多くのリスナーに聞かれるようになるはずです。リスナー目線に立ち、魅力的なタイトルと導入部分を作り、自分だけのスタイルを確立しましょう。そして、リスナーにストレスを与えないよう、細部まで気を配ることを忘れずに。

聞かれるビートに変える方法10個

1. 検索キーワードを想定してビートを制作する

リスナーがビートを探す際、検索エンジンを利用することが多くあります。そのため、リスナーが検索しそうなキーワードを想定し、それに合ったビートを制作することが重要です。例えば、「Lo-Fi HipHop」や「Trap Beat」といったジャンルやスタイルを表すキーワードを意識して制作するのも一つの方法です。

2. 「勝てる」「検索される」検索キーワードを選ぶ

ただし、検索キーワードを選ぶ際は、競合他社との兼ね合いを考える必要があります。あまりにも競争が激しいキーワードを選んでしまうと、あなたのビートが埋もれてしまう可能性があります。一方で、全く検索されないようなキーワードでは、リスナーにリーチできません。「勝てる」かつ「検索される」キーワードを選ぶことが大切です。

3. リスナーの悩みを解決する「答え」を用意する

リスナーがビートを探す理由は、様々です。例えば、「作業用BGMを探している」「ラップのビートを探している」といった具合です。リスナーの悩みや目的を想定し、それを解決するような「答え」をビートという形で用意することが重要です。リスナーの needs を満たすことができれば、あなたのビートは多くの人に聞かれるようになるでしょう。

4. 自分にしか作れないスタイルで信頼を得る

ビートメイカーとして成功するためには、他の作り手と差別化することが重要です。自分にしか作れないスタイルを確立し、それを磨き上げることで、リスナーからの信頼を得ることができます。例えば、独特のドラムパターンや、印象的なメロディを使うことで、「このビートはこの人の作品だ」と認識してもらうことができるでしょう。

5. 音楽の構成で伝わりやすい流れを作る

ビートを作る際は、単に良いループを作るだけでは不十分です。イントロベース、ブレイク、アウトロといった音楽の構成を意識し、リスナーに伝わりやすい流れを作ることが大切です。メリハリのある構成を心がけることで、リスナーを飽きさせずに最後まで聴いてもらえるビートを作ることができるでしょう。

6. ビートの冒頭で期待感をもたせる

ビートの冒頭は、リスナーの興味を引き付けるために非常に重要です。冒頭で印象的なフレーズやサウンドを使うことで、リスナーに期待感を持たせることができます。「このビートは面白そうだ」と思わせることができれば、リスナーは最後まで聴いてくれるはずです。

7. わかりやすいスタイルで理解を促す

リスナーの中には、音楽に詳しくない人もいます。そのため、わかりやすいスタイルでビートを作ることが大切です。複雑すぎるアレンジや、奇抜すぎるサウンドは避け、シンプルで親しみやすいスタイルを心がけましょう。リスナーに「このビートは自分でも使えそうだ」と思ってもらえるようなビートを目指すことが重要です。

8. 「まとめ」ページ等を作り、内容のおさらいと関連音楽への誘導

ビートを公開する際は、「まとめ」ページを作成することをおすすめします。「まとめ」ページでは、ビートの特徴や使い方を簡単に説明し、リスナーの理解を助けることができます。また、関連する他のビートへのリンクを貼ることで、リスナーを別の作品に誘導することもできるでしょう。

9. 魅力的なタイトルでライバルと差別化する

ビートのタイトルは、リスナーが最初に目にするものです。そのため、タイトルは非常に重要な要素だと言えます。他の作り手と差別化できるような、魅力的なタイトルを付けることが大切です。例えば、ビートの特徴を表すようなタイトルや、リスナーの興味を引くようなタイトルを付けるのも一つの方法でしょう。

10. リメイクでリスナーの満足度を高め続ける

一度作ったビートで満足せずに、定期的にリメイクすることが重要です。リスナーからのフィードバックを参考に、ビートを改善していくことで、リスナーの満足度を高め続けることができます。また、リメイクを重ねることで、自分の成長を実感することもできるでしょう。以上の10個の方法を実践することで、あなたのビートは多くのリスナーに聞かれるようになるはずです。リスナー目線に立ち、魅力的なビートを作り続けることが、成功への近道だと言えるでしょう。

まとめ

「聞かれるビート」を作るためには、リスナー目線に立った音楽制作が不可欠です。検索キーワードを意識し、リスナーの悩みを解決する答えを用意することで、あなたのビートは聞かれやすくなります。また、自分にしか作れないスタイルを確立し、音楽の構成や導入部分で期待感を持たせることも重要です。タイトルの工夫やリメイクによる満足度の向上など、細部にまで気を配ることで、あなたのビートは多くのリスナーに聞かれるようになるでしょう。今すぐ実践して、「聞かれるビート」を作り上げましょう!