レーベルに進化しました。

有料や無料のAI自動マスタリングサービスが出てきたことで、マスタリングエンジニアは今後音楽業界から要らなくなりますか?

ai mastering AI音楽
この記事は約5分で読めます。

AI自動マスタリングサービスの登場は確かに音楽制作のプロセスに革命をもたらしていますが、マスタリングエンジニアが完全に音楽業界から不要になるとは限りません。以下の理由から、今後もマスタリングエンジニアの役割は重要であり続けると考えられます。

  1. 感覚と経験: AIはアルゴリズムに基づいてマスタリングを行いますが、マスタリングエンジニアはその曲のニュアンスやアーティストの意図を感じ取り、適切な方向性を出すことができます。この人間の感覚は、現時点ではAIには再現できないものです。
  2. 柔軟性: AIマスタリングサービスは一般的な設定やジャンルに基づいて動作しますが、特定のニーズや要求に応じてカスタマイズする能力は限られています。一方、マスタリングエンジニアはクライアントとのコミュニケーションを通じて特定の要求を満たすことができます。
  3. AIの限界: 現状のAI技術にはまだ限界があり、すべての楽曲やシチュエーションに最適なマスタリングを行うことは難しい場合があります。
  4. アーティストの信頼: 多くのアーティストやプロデューサーは、自らの作品を信頼できる専門家に託したいと考えます。技術的なスキルだけでなく、コミュニケーションや理解の深さを求めることも多いです。
  5. 技術とアートの組み合わせ: マスタリングは技術だけでなくアートの一部でもあります。そのため、クリエイティブな選択や微調整が求められることもあります。

とはいえ、技術の進化により、一部のシチュエーションや予算の限られたプロジェクトではAI自動マスタリングサービスが役立つ場面も増えてくるでしょう。しかし、音楽のマスタリングにおける人間の役割は今後も重要であると考えられます。

My Avatar 5

ミキシングエンジニアはどうですか?

ミキシングエンジニアについても、AI技術の進化とそれに伴う自動化の影響は確かに存在しますが、ミキシングエンジニアが完全に音楽業界から不要になるとは考えにくいです。以下の理由から、ミキシングエンジニアの役割も今後も重要であると思われます。

  1. クリエイティブな意思決定: ミキシングは単なる技術的なプロセスだけでなく、アーティスティックな選択も伴います。例えば、どの楽器を前面に出すか、どのエフェクトを使用するかなどの判断は、曲の雰囲気やアーティストの意図に基づいて行われます。このような繊細な意思決定は、現状のAI技術だけでは困難です。
  2. コミュニケーション: アーティストやプロデューサーとの間で、曲のビジョンや感情を共有し、それを具現化するためのコミュニケーション能力は、ミキシングエンジニアの重要な役割の一部です。
  3. 曲ごとの特性: 各曲はユニークであり、その特性に合わせたミキシングが必要です。AIは一般的なルールに基づいて動作することが多いため、特定の曲に最適化されたミキシングを行うことは困難です。
  4. 経験と直感: 長年の経験を持つミキシングエンジニアは、多くのシチュエーションで彼らの知識や直感を駆使して最適なミックスを行うことができます。
  5. 高度な調整: 細かいEQの調整やダイナミクスのコントロール、空間感の作成など、高度な技術を要する作業もミキシングには含まれます。これらの細かい調整は、AIだけでは完璧には実現できない可能性があります。

AIミキシングツールは、初心者や予算や時間に制約のあるプロジェクトには非常に役立つでしょう。しかし、プロのミキシングエンジニアの役割は、その知識、経験、アートとしての感覚を持っているため、今後も音楽業界で重要な役割を果たし続けると考えられます。

My Avatar 5

しかしアーティストが自分自身でミキシングとマスタリングが簡単にできるようになることで、スキルが民主化し、プロにミキシングやマスタリングを依頼する需要がなくなるのではないですか?

確かに、ミキシングやマスタリングのツールやテクノロジーが民主化されることで、多くのアーティストが自分自身でこれらの作業を行えるようになっています。また、AIやプリセットを活用した簡易的なミキシングやマスタリングツールも増えてきており、手軽に高品質な音を得られる状況も増えています。

このような背景から、特にインディーアーティストや初心者にとっては、自分でミキシングやマスタリングを行うことが一般的になるかもしれません。このような動きは、音楽制作のハードルを下げ、多くの人々がオリジナル音楽を作成・発表する手助けとなるでしょう。

しかし、プロのミキシングエンジニアやマスタリングエンジニアの役割が完全に消失することは考えにくい理由がいくつかあります:

  1. 専門知識: ミキシングやマスタリングは非常に奥が深く、その全てを習得するのは容易ではありません。プロのエンジニアはその道の専門家であり、長年の経験や知識があります。
  2. 時間と労力: アーティストは作曲、編曲、録音、プロモーションなど、多くのタスクを抱えています。ミキシングやマスタリングもその一部として自分で行うことができますが、プロのエンジニアに依頼することで、より多くの時間を自身の得意分野やクリエイティブな作業に費やすことができます。
  3. オブジェクティブな意見: 自分自身の作品には主観が入りがちです。外部のプロの意見や技術的なサポートは、作品をさらに高める手助けとなることが多いです。
  4. 高品質を求める場面: 商業的なリリースや大きなイベントでの使用など、特定の場面で最高の品質が求められる場合、プロのエンジニアに依頼することが適しています。

民主化の波は確かに音楽業界に変化をもたらしていますが、それは新しいチャンスや価値観の変化を意味するものであり、プロのエンジニアが不要になるわけではありません。むしろ、その役割やサービス内容が多様化する可能性があります。