レーベルに進化しました。

クッキー

この記事は約2分で読めます。

クッキーとは、ウェブサイトがユーザーのブラウザに保存する小さなテキストファイルのことです。これらは、ウェブサイトがユーザーの情報や設定を記憶するために使用されます。

クッキーの主な用途

  1. ログイン情報の保持
  2. ショッピングカートの内容の記憶
  3. ユーザー設定の保存
  4. 閲覧履歴の追跡
  5. 広告のパーソナライズ

クッキーの種類

セッションクッキー

  • ブラウザを閉じると削除される一時的なクッキー

永続的クッキー

  • 特定の期間、ユーザーのデバイスに保存される

ファーストパーティクッキー

  • 訪問したウェブサイトによって設定される

サードパーティクッキー

  • 外部のドメインによって設定される(主に広告目的)

プライバシーとセキュリティ

クッキーは個人情報を含む可能性があるため、プライバシーとセキュリティの懸念があります。多くの国で、ウェブサイトはクッキーの使用について利用者に通知し、同意を得ることが法律で義務付けられています。

クッキーの管理

ユーザーは通常、ブラウザの設定でクッキーを管理できます。これには、クッキーの受け入れ、拒否、または定期的な削除が含まれます。クッキーは現代のウェブ体験に不可欠な要素ですが、その使用にはプライバシーとセキュリティのバランスを取ることが重要です。