レーベルに進化しました。

オシレーター

この記事は約2分で読めます。

オシレーターは、音楽制作、特にシンセサイザーや電子音楽において非常に重要な要素です。以下に、オシレーターについて詳しく説明します。

オシレーターの基本

オシレーター(oscillator)は、「振動子」とも呼ばれ、電子的に音を生成する基本的な音源です。周期的な電気信号を生成し、それを音波に変換することで音を作り出します。

オシレーターの主な機能

  1. 波形の生成:基本的な波形(サイン波、矩形波、三角波、ノコギリ波など)を生成します。
  2. ピッチ制御:生成される音の高さ(周波数)を制御します。
  3. 音色の基礎:異なる波形は異なる倍音構成を持ち、これが音色の基礎となります。

主な波形とその特徴

サイン波

  • 最も単純な波形
  • 倍音を含まない純粋な音
  • 柔らかく、丸い音色

矩形波

  • 鋭いエッジを持つ波形
  • 奇数次の倍音を多く含む
  • パンチのある音色、レトロゲーム音楽によく使用される

三角波

  • サイン波と矩形波の中間的な特性
  • 奇数次の倍音を含むが、矩形波よりも少ない
  • やや柔らかい音色

ノコギリ波

  • 急激な立ち上がりと緩やかな減衰を持つ波形
  • 豊富な倍音を含む
  • 金管楽器のような明るい音色

オシレーターの応用

  1. 加算合成:複数のオシレーターを組み合わせて複雑な音色を作り出す
  2. FM合成:オシレーター同士を変調させて新しい音色を生成する
  3. サブトラクティブ合成:オシレーターで生成した波形をフィルターで加工する

オシレーターは、現代の音楽制作において欠かせない要素であり、シンセサイザーやソフトウェア音源の中核を成しています。その理解と活用は、電子音楽の制作において重要なスキルとなります。