レーベルに進化しました。

Post-Fader

この記事は約2分で読めます。

Post-Faderとは、音楽制作やオーディオ信号処理において重要な概念です。この用語は主にミキシングレコーディングの文脈で使用されます。以下に、Post-Faderの詳細な説明を提供します。

Post-Faderの基本概念

Post-Faderとは、オーディオ信号がフェーダー(音量調整器)を通過した後の状態を指します。つまり、フェーダーによる音量調整が適用された後の信号のことです。

Post-Faderの特徴

  1. 音量変更の反映:フェーダーで設定した音量変更が反映された状態の信号です。
  2. エフェクトの適用順序:Post-Faderエフェクトは、音量調整後に適用されるため、フェーダーの設定に影響されます。
  3. センドエフェクトでの使用:リバーブディレイなどのセンドエフェクトでよく使用されます。

Post-FaderとPre-Faderの比較

Post-Fader

  • フェーダー調整後の信号を使用
  • メインミックスの音量変更に追従する
  • センドエフェクトに適している

Pre-Fader

  • フェーダー調整前の信号を使用
  • メインミックスの音量変更に影響されない
  • モニタリングやキューイングに適している

Post-Faderの応用例

  1. リバーブセンド:ドラムボーカルにリバーブを加える際、Post-Faderセンドを使用することで、メインミックスの音量変更に合わせてリバーブ量も自動調整されます。
  2. サイドチェインコンプレッション:Post-Faderの信号をサイドチェインのソースとして使用することで、より正確なダイナミクス処理が可能になります。
  3. マスターバスエフェクト:マスターフェーダー後にリミッターやマキシマイザーを配置することで、最終的な音量調整後にダイナミクス処理を行えます。

Post-Faderの概念を理解し適切に活用することで、より柔軟で効果的な音楽制作やミキシングが可能になります。